出歩いて花を見るようになってから「枝垂れ」が好きになっている自分を発見。

垂れ下がった枝・・・その枝に・彩りの良い「花」が付いている姿・・・たまらないです。

桜・桃・梅・雪柳・・・・その中の【枝垂れ梅】が、塀の中から顔を出していました。
e0025300_12403631.jpg
近づくにしたがって見上げると、青空の中・塀に添って綺麗な梅の花が咲いています。
e0025300_12424858.jpg
e0025300_12432973.jpg
挨拶代わりに、カメラを向けるとニッコリと微笑んでくれました。!(^^)!
e0025300_12435037.jpg

庭に生えると、花の咲く前に必ず摘み取られてしまう雑草・・・・

道を歩いていると、あちらこちらでよく目にする雑草・・・・
e0025300_1202047.jpg
e0025300_1203671.jpg
e0025300_1204949.jpg
一見・「ホトケノザ」と見間違う花を付けている雑草・・・・

その子の名前は【ヒメオドリコソウ】(姫踊り子草)です。・・・<シソ科>

葉の頭頂部がアズキ色をしていて、その間からピンク色の唇形の小さな花が見えます。

もし・見かけたら、一度はじっくりと見てあげてくださいね。 可愛いですよ・・・・

超アップで撮りたかったが、手持ちのデジカメでは無理でした。。。。。(-_-;)
近所で見かけた白い花・・・。園芸種の花ですよね。

【イベリス・センパビレンス】<アブラナ科>でいいのかな~??
e0025300_1811626.jpg

特徴の有る花が、冷たい今日の雨で震えているように見えました。
e0025300_17165711.jpg
今日は、江戸の末期から続いている、町内の「皇産霊(みむすび)神社」の奇祭日。。。
e0025300_1719924.jpg
今年は土曜日だった事もあり、例年とは比べ物にならない程の人手でした。
e0025300_17191999.jpg
全員で「五穀豊穣」を祈願した後、赤ちゃんの「無病息災」を願ってふんどし姿の氏子が
神社から50m程下に有る、水田「神田(しんでん)」で、赤ちゃんの顔に泥を付けます。
e0025300_17251233.jpg
e0025300_17252545.jpg
お百度参りを省略して、3度の往復を繰り返します。。。(今年の赤ちゃん・約50人)

この儀式が終了すると、待っていた「奇祭のメーン」の…「騎馬戦」~「泥掛け合戦」です。
e0025300_17542541.jpg
e0025300_17555977.jpg
e0025300_17561154.jpg
水田から上がってくると、見物人に泥を塗りつけます。。。。
あちこちで、悲鳴が上がっていましたが、「無病息災」で一年を過ごせるならば・・・・!(^^)!
e0025300_1758314.jpg
e0025300_1758452.jpg
e0025300_17591562.jpg
e0025300_17593120.jpg
顔に、神聖な泥を塗られた子供達も嬉しそうに「にこにこ・・・」
e0025300_1801963.jpg
e0025300_1803058.jpg
e0025300_1804336.jpg
この子は地元のテレビのインタビューを受けていましたよ~~^^)/
e0025300_1815185.jpg
こちらのお二人さん・泥を塗られても、異国の奇祭に「にっこにこ!」でした。
e0025300_18111222.jpg

もちろん・撮影していた私も、しっかりと泥を塗り付けられました(>_<)

これで今年一年「無病息災」で過ごす事が出来るぞ~~!と、帰途に着きました。

我が家の「雑草鉢」に白くて、小さな・小さな、花が咲いた。

同じ鉢の中で咲いている「タネツケバナ」にそっくりな花です。
e0025300_1435232.jpg
でも、明らかに「葉」が違います・・・いったい何と言う草なんだろう?

この草は、庭に顔を出したら、ほとんど直ぐに摘み取られる雑草です。

調べたら、やはり田の畦道に咲いている「タネツケバナ」の仲間でした。

この子には【ミチタネツケバナ】と言う名前が付いていました。
e0025300_14421738.jpg
散歩がてらに注意をして見ると、道端や植え込みで極小の花をさかせていました。。。。

今まで私を含めて、この花に注意を払う人は居なかったんだろうな~~・・・

アップで見れば、こんなに可愛い花なのに・・・・
e0025300_14453425.jpg
何処にでも有る「雑草花」を、またひとつ知る事が出来ました。。。。^^)/



参考までに
e0025300_1446840.jpg
e0025300_14462383.jpg

他にも・・・「シベ」がこの花は4本…(タネツケバナは6本)
      花期でも「根生葉」がロゼッタ状態になっている。
      「乾燥地」に生息する。(タネツケバナは湿地に多い)
3段の台座の上で大口を開けているのは【ホトケノザ】さんじゃないですか。^^)v

よほど嬉しい事があったのか、それとも・暖かい陽射しに大あくび?・・・・
e0025300_18302867.jpg
お化粧したの?ピンクの色がとっても綺麗だよ。 みんな元気で帰って来たんだね。
e0025300_1833922.jpg
これから次々に咲き出す「蕾」も数多く・・・楽しみを増やしてくれてます。
e0025300_18342847.jpg
<シソ科>の花で最盛期は3月~5月頃。

「春の七草」の<ホトケノザ>は、別の花「タビラコ」を言うんですね。(念のため)

  ↑ クリック で「春の七草」の写真が見られます。
暖かい陽射しが昨日・今日と続きました。
そろそろ・居るのではないかと『気の毒な名前の例の花』探しにぶらぶらと。。。。

居ました・居ました・・・【オオイヌノフグリ】ちゃん達が・・・・
e0025300_15214492.jpg
暖かい日溜りに、コバルトブルーの元気な顔が、あちこちでニコニコ・・・。  ^^)
e0025300_1525996.jpg
e0025300_15252362.jpg
いつも写真を撮りながら・・・・・何でこんな名前をつけられちゃったんだろうね?
e0025300_15335265.jpg
<ゴマノハグサ科>   2~6月に咲いてますね。

帰る途中に、ポツンと地に張り付くように【たんぽぽ】さんが咲いていました。
e0025300_15302188.jpg
待ちに待ってた、野の花達に会える時期になってきましたね。