カテゴリ:【 そ の 他 】( 75 )

2019年が明けてからはや4日が過ぎました
皆様においても健やかに新年を迎えられた事とお喜び申し上げます
我が家では特に変わる事の無い一日一日が過ぎて行ってます

元旦・・・青空の穏やかで気持ちの良い一日となりました
昨夜遅くまでTVを見ていたのでゆっくりの起床・初日の出はパスでした

2日・・・子供たちが孫と共に集合しての新年会でした
今年高校生になる孫が親よりも背丈が高くなったのには驚いてしまった

3が日が終わった今日も相変わらず続いている好天・・・

e0025300_20385949.jpg

御節で「正月気分」になる以外は全く普段と変わりない日が過ぎて行きます


近所の神社まで初詣に出かけた時に歩きながら思った事。。。
子供の頃には三が日には明治神宮・皇居・浅草寺へ父親に連れられて出掛けたものでした
真っ白なショ-ルを羽織った晴れ着のお姉さん達や羽織袴のおじさんの姿が目に浮かびます
走っている車の先端には「正月飾り」が付いていましたよね~(現在では全く見られませんネ)
各家々の門には門松が飾られていたものでした・・・(今ではほとんど印刷紙の門松ですネ)
公園では親子が楽しそうに凧揚げしたり路地では羽根つきの音がしたものでした
もう子供の頃の様な正月風景はどこにも見られなくなってしまいましたネ

大晦日にはまだ咲いていなかった<シャコバサボテン>が・・・

e0025300_20551446.jpg

年明けを待っていたかのように元旦の朝に開花した・・・

e0025300_20563554.jpg

まるで「あけましておめでとう!」とでも言ってるかのように・・・

e0025300_2056499.jpg

強烈な寒波によって雪の被害が各地でおこっている

父母の生地の新潟豪雪地帯で生まれた私・・・
生まれて直ぐに京都市に移ったので雪の怖さは余り知らない
屋根の雪下ろしの苦労話は父母に聞いた覚えはある
雪国に住む者にとっては一番の労働だったようだ・・

私にとっての「雪」と言ったら
一面の銀世界の美しさ・スキー遊びに興じられる羨ましさ・・・になる
そこに生活を強いられる事の無い者の気楽さからと言えるだろう

父の転勤でこの地(千葉県)に移り住んだ時。。。
海に近く比較的暖かな気候で降雪から解放された母・・・
雪が無いって本当にありがたいね~」と言っていた事が思い出される
子供の頃・冬の間中「雪」に相当悩まされ続けていたのだろう

近年は特に地球温暖化のせいなのだろうか昔に比べて降雪が少なくなった
降雪と言ったら年に2・3度・・・積雪に至っては有るか無いかといった程度だ
年齢を重ねた今・温暖地域と言われるこの地に住む事が出来た事は
生活するにしろ・体力的な事においても私にとってはありがたい事となっている

まだまだ<雪予報>は続いています
対象地にとってはこれ以上の被害が無い事を祈るのみです

玄関先で暮れに据えたシクラメンの花が元気に咲いています
近年は品種も増え様々な<シクラメン>が見られますネ
私にとってはやはり平凡でも馴染みあるこの花が一番しっくりします

e0025300_22292136.jpg
e0025300_22294031.jpg

今年初めての3連休も終わった・・・

成人の日の今日は寒かったが希望に胸ふくらませる新成人にとっては晴れ晴れとした気分だったろう


何となく55年前の成人式を思い出した・・・

5人の仲間と式後に成田山新勝寺に繰り出して撮った写真・・・

残念ながら一人欠けてしまったが 4人は今でも同じ県内に居り 時折逢っては昔話をしている

ニュースで東京都内では外国人の新成人が8人に1人になったとか・・・時代なのだろうか?

新成人がピークだった時に比べると今年は半分になっていると言う

今どきの子たちは今日という日をどう迎えたのだろう?

大人になった実感や自覚をどう捉えているのだろう?

後・2年で初孫がこの日を迎える・・・その時この質問に彼は何と答えるのだろう?


玄関に有る 暮れに頂いた 百合の花 が蕾を開き綺麗に咲いている

e0025300_22514167.jpg
e0025300_22515992.jpg
e0025300_2252910.jpg

あけましておめでとうございます

e0025300_12352840.jpg

本年もどうぞよろしくお願いいたします


台風が近づいている・・・だいぶ大型だと言う 困ったものだ -.-);

相変らず雨は降り続いていて 肌寒い日になっている

昨日・退院後の経過診察で病院へ行ってきた  相変らず大混雑・・・

覚悟はして行ったが 診察順の待ち時間の長さには参った。。。

1時間半でやっと順番が来て 医師の前に・・・

「具合はどうですか? 痛みなどありませんか?」
「特に痛みもなく・リハビリ散歩を心掛けています」


「左の足に痛みは有りませんか?」
「別に痛みは感じていません」

「そうですか・痛みが有っても不思議の無い状態なんですがね~」
「そうなんですか・・・痛みが来たらまた手術ということですか?」

「今痛みが無いなら早急に手術をする事は無いでしょう」

「また2か月後に来ていただいてレントゲンを撮りましょう」

傷跡を見るでもなくこれで終了・・・時間にして5分ほどだった。。。料金は120円

雨の中・1時間を掛けて来た割にはあまりにも簡単すぎた診察だった

これだけの診察ならば 「電話診療」で経過報告でも良いのではないかと思ってしまった

庭の ウィンターコスモス もだいぶ花が多くなってきた。。。

e0025300_1221222.jpg
e0025300_12213977.jpg

雨の降る寒い12月を思わせる天気もようやく今日晴れ上がった

e0025300_16102026.jpg

寒い日が続いたこの間に免許更新の「認知機能検査」を受けてきた

とうとうなってしまった「高齢者講習」の受験前のテストだった

この結果で<2時間講習><3時間講習>を指定されるものだった

<記憶力><判断力>のペーパーテスト・・・結果は90点で<2時間講習>となった

残念ながら16枚の絵を記憶する<記憶力テスト>が全問回答できなかったのだ

制限時間内に16枚中13枚は覚えていたが残り3枚がどうしても出なかった

歳のせいなのだろう・やはり<記憶力>が大分衰えてしまった様だ -.-);

家に帰ってから思い出そうとしてみたが最後の一枚を思い出すのに3時間かかってしまった

又・明日からは天気も悪く今年一番の冷え込みも来ると言う  台風までも来る様だ

鈴生りの 柿の実 を採れるのは今日しかないと<高枝ばさみ>を使って実施

e0025300_16295010.jpg

高すぎて届かないところの熟れた柿は「鳥さん」に提供することにした・・・

e0025300_16321012.jpg

今日は十五夜・・・いい機会なので 久しぶりに「月」を撮ってみる事にした。。

昼間・雲が有るものの 空全体には広がっていなかったので期待できそうだった

e0025300_2221195.jpg

暗くなってきたら 雲が広がってしまい「月」が隠れがち・・・

三脚を使用しないで 狙うものの手ブレばかりで思うように撮れない・・・情けない。。。

e0025300_2255074.jpg

何とか撮れたのがこの始末。。。もう少し写真を勉強しないといけないかナ~ (-_-;)

午前0時の<月>を撮り直してみた・・・

e0025300_084279.jpg

e0025300_085913.jpg

今日は「彼岸の入り」・・・

明日からの3連休は途中の道路も混雑しそうなので 今日・墓参りに行ってきた

天気も良く暖かかったので 平日の割には多くの人が墓参りに来ていた

墓参り後・近辺をひと歩き。。。

「こぶし」や「桜」はまだ蕾も小さかったが ハクモクレン が開花間近に見えた

e0025300_18464484.jpg
e0025300_184717.jpg

ネコヤナギ の可愛い姿にも出逢えました。。。

e0025300_18501948.jpg
e0025300_18503347.jpg

今日は雛祭り。。。我が家でもひな人形を飾りました

e0025300_1138235.jpg

我が家では男児ばかり3人・・・本来「ひな人形」は無い家。。。実際20年間<雛祭り>とは無縁だった

なのに毎年この人形を飾るのは これが「思い出の品」だからなのです・・・

長男が二人きりでは寂しかろうと連れてきたマルチーズ(命名・めぐ)が女の子だったから。。。

家族の一員となって3年目<めぐ雛>として「陶びな」を入手 以来<雛祭り>を我が家の行事にした

e0025300_11473013.jpg

8年前に20歳で星となって逝くまで毎年お祝いをしていた思い出の品なのです

飾りながら思い出すのは 飾り始めるとトコトコと現れて<雛あられ>を欲しがった。。。

ブログ用の記念撮影をするまで待たせると うらめしそうに見つめていた様子が思い出されます

e0025300_11522153.jpg

今年も 当時そっくりだと買った陶器の<疑似めぐ人形>と共に飾り付けました。。。

e0025300_11552958.jpg

北風は有るものの暖かい日になっています 昨日の雨を付けた キルタンサス を今日の出逢い花に。。。

e0025300_1251116.jpg

朝・花火の打ちあがる音で目が覚めた・・・

そうだ 今日は2月25日「裸祭り」(別名・泥んこ祭り)の日だった。。。

毎年様子を撮りに行く日。。。もう15年撮り続けている 行かないわけにはいきません

早速カメラ持参で向かってみると大勢の人で賑わっていました

e0025300_1653872.jpg
e0025300_1655788.jpg

町内の神社<皇産霊神社(みむすびじんじゃ)>は 年に一度だけ見られる境内の賑わい・・・

e0025300_1683731.jpg

先ずは「神田(しんでん)」と言われる田圃での儀式が始まった

1歳未満のあかちゃんの額に泥を付けて無病息災を願います。。。若いパパさんの出番です

e0025300_1612783.jpg

昔は氏子に委託していたが近年はパパさんが我が子と共に登場しています

e0025300_16133542.jpg

儀式が終わると氏子連・希望者による名物の「騎馬戦」です

「わっしょい・わっしょい」の掛け声と共に裸衆が戦場の「神田」にやってきました・・・

e0025300_16171743.jpg

そして1回戦の開始です・・・多くの素人カメラマンが一斉にカメラを構えます

e0025300_1618561.jpg
e0025300_16191492.jpg

ややおとなしめの1回戦はあっさり終了 少々物足りなさを覚えた。。。  

いったん引き揚げ たき火で暖を取ってちょっとだけお神酒を飲んで景気づけ?・・・2戦目です

e0025300_1623724.jpg
e0025300_16232830.jpg

だいぶ調子も上がってきた様で騎馬が崩れた後はくんずほぐれつ・・・

e0025300_16235152.jpg
e0025300_16284752.jpg
e0025300_1631451.jpg
e0025300_16312599.jpg

一暴れした裸衆の引き上げる道脇には顔に泥んこを塗り付けてもらう子たちが待機しています

塗ってもらうと1年間病気にならないと言われているので 大声で「塗って~ッ!」とせがんでいます

e0025300_16355276.jpg
e0025300_16361588.jpg
e0025300_16363715.jpg

塗ってもらいながら 嬌声と笑い声が賑やかな子供たち・・・それを撮る素人カメラマンたち

e0025300_16391559.jpg
e0025300_16394337.jpg
e0025300_1640947.jpg
e0025300_1658471.jpg

泥んこ笑顔がいっぱいのお祭り 今年も無事に何とか撮り終えました 042.gif

e0025300_16461785.jpg