天気は良いが 吹いてる風は冷たい日になりました・・・

買い物途中で見て面白く感じた「実」が目に入ったので・・・

初夏に白い花を咲かせていた ナニワイバラ(浪花茨)の実です
e0025300_1501964.png

我が家ではもう鳥に食べられ 無くなった ナンテン も有りました
e0025300_1524494.jpg


今朝は天気が良いのに スズメの鳴き声がしないなぁと窓を開けたら・・・

日向ぼっこしているニャンちゃんがいました
e0025300_154852.png
これでは小鳥たちは来られないはずだ・・・
 045.gif
  天気が良いのに、鳥さんの気配がありません。。。???

  おかしいな? と思っていたら、葉陰からのっそりと・・・
e0025300_14554930.jpg
  これでは、鳥も近付けないよなぁ。

雲ひとつ無かった今日の空・・・夕方になったら・・・

ムクムクと湧き上がるかのような  が出現。。。005.gif
e0025300_17252918.jpg
まるで「山」の様にも見える  です。
e0025300_17265865.jpg
新しいカメラで試し撮り・・・これから、いろいろ撮りながら慣れるつもりです 006.gif

花の試し撮りは・・・
   不覚にも6日より風邪をひいてしまい更新が出来ませんでした。

   ご訪問いただいた方々には、大変申し訳ありませんでした。

   やっと昨日から、再開をと思ったら…今度はデジカメがスタート作動拒否!

   身体もカメラも故障・・・何ともしまらない新年になってしまいました。。。002.gif

   前途多難を思わせるような年明け・・・払拭させるのに思いきってカメラを変えよう!

   どうせなら、一眼レフでもと模索中です・・・目移りばかりで決定が遅れています。

   条件第一の「格安」が、どうしても選択の邪魔になりますが譲れません。

   中古でもいいかな? と検索してみたり・・・ネットショップ巡りをしたり・・・

   趣味とはいえ、10万円以上は無職の者にとって やはり安いとはいえません。

   そんな・こんなで、もう暫く、更新も遅れると思いますがお許し下さい。
   里山を歩いていたら、道脇の茂みの中に 【ガガイモ】 の「実」が有りました。。。
e0025300_12181152.jpg

     夏には「オニヒトデ」のような花を付けていたが、もう「実」になったのですね。
e0025300_12185491.jpg
   この「実」は <古事記の国造り神話> にも出ているのだそうです。

   その昔・「ガガイモ」は、大和時代には「カガミ」と呼ばれていたようです。

   大国主命(オオクニヌシノミコト)が国造りをしている時に行き詰ってしまった。

   ある日、美保の岬というところで思案中に・・・

   海の向こうからガガイモの殻の船<天之蘿摩船>(あまのかがみのふね)で、

   小さな神様…少名毘古那神(スクナヒコナノミコト)がやってきたそうです。

   この神様・薬事や治水・農業などの知識がたいへんに豊富だったので、

   大国主命は、この神様と力を合わせて、豊かな国を創り上げていきました。

   この神様・・・有馬温泉や玉造温泉を見つけたという事です。


   上下・半分に分かれたら、船にもなりそうな形ですね。
e0025300_12205262.jpg
   小さな・小さな神様だったら、これを船代わりに出来ますよね。^^

   見つけた「実」を検索して、こういったことを知るのも面白い!
   
花探しに出掛けた時、車窓から見えた・背の高~い黄色い花の群生・・・
e0025300_131994.jpg
フェンスに囲まれた、貯水池のある中の空き地にありました。。。

車から降りて、フェンス脇まで行ってみると 3m近くも有る様です。
e0025300_1319441.jpg
<キク科>の多年草の  【キクイモ】(菊芋)?  【イヌキクイモ】(犬菊芋)
e0025300_13243319.jpg
帰って、違いを調べてみたら・・・

          キクイモ          イヌキクイモ    

*<葉>           ・・・        キクイモに比べて色が黒ずみ、鋸歯が小さい

*<花>  総苞は短く、反り返る      総苞が長く、あまり反り返らない

        舌状花は 5~15枚程    舌状花は 10~20枚
        先端は裂しない         先端が3~5裂する 

*<花期>   9月から咲きはじめる     7月の終わり頃から咲く

*<根>    茎直下付近に大きな塊茎   塊茎は茎の直下付近に集まらない

など等でしたが、その中間も有ったりして 同定は案外難しいようですね。

まして、近寄って観察まで出来ないこの花・・・どっちだったのでしょう?

里山に行ったとき、道脇にある草について。。。

その草は… ウマノスズクサ (馬の鈴草)   <ウマノスズクサ科>の蔓性多年草

この草のある場所で気付いたのは、此処でこの草の花を見たことがないことでした。
e0025300_1581357.jpg
実はこの草は<ジャコウアゲハ>の幼虫の食草なのだそうです。

<ジャコウアゲハ>は、この草にだけ「たまご」を産み付ける。

幼虫は、この葉以外の葉を食べると、免疫がなく死んでしまうのだそうです。

親の蝶は、触角で匂いを・前足で味を確かめてこの草を確認するのだとか・・・。

この幼虫が<さなぎ>になる際、移動をする時にこの草を根元から倒して行く…。

したがって、たまごを産み付けられなかったものだけが、生育し「花」をつける。

此処は、たまごの産み付け場所らしく、滅多に生育していないとのことでした。
e0025300_15192154.jpg
2年前に違う場所で、この花を見たことがありましたが、変わった形でした

   里山の周りの民家の傍を通ると。。。
   高い木に花の蕾のような物…【紫木蓮】のようです。
e0025300_11274253.jpg
e0025300_1127534.jpg
   街なかではもう、だいぶ前に終った花…此処ではこれから?

   大きな花【泰山木】の花も咲いていました。。。
e0025300_11305753.jpg

   生け垣では【柾】(マサキ)の花が咲いていました。
e0025300_1133434.jpg
   子供の頃過ごした、実家の垣根がこの「柾」だったので懐かしく見ました。
e0025300_11342117.jpg


こんな物も。。。
本日は、ご来訪ありがとうございました

早いもので、当ブログも 2005年開設以来・今月で3年目に入りました

これを機会に「タイトル」「スキン」を変えてみる事にしました

驚かせてしまい、申し訳ありませんでした <(_ _)>
e0025300_0514944.jpg
これからも 4年目を目指して頑張ります!


さて、今日の花は…