タグ:野草の花々 ( 413 ) タグの人気記事

散策をしていたら アオキ の花が目に入った・・・

e0025300_20112815.jpg

アオキの花は雌雄異株です  この木は去年の実が残っている雌株

雌株の花は小さくまとまった感じのする花

e0025300_2014696.jpg

一方雄株は大きく広がった感じがしています

e0025300_20154292.jpg
e0025300_2016068.jpg

花はあずき色をした4弁花をしています  探してみたらありました

e0025300_20181750.jpg

まだ咲き始めたばかりで花数は少ないのですが

ついている蕾がそれぞれ花開くと 実に沢山の花を付けます

e0025300_20195287.jpg

この時期に町の中を歩くと道路脇の植え込みの下などで

白かったり薄紫色をした6枚の花びらの花をよく見かけます 
                                     (我が家の庭でも咲いています)

花 韮(ハナニラ) という花ですネ  

その花が散策していたら 大きな木の根元で群生して咲いているのに出逢いました

e0025300_15544957.jpg

別の木の根元でも咲いていました

e0025300_15551949.jpg

3枚の外披片と3枚の内披片が星形をして綺麗に並んだ花・・・

別名で「西洋甘菜」(セイヨウアマナ)とも呼ばれています

e0025300_164208.jpg

葉がニラに似ていて ちぎると匂いもニラに似ている綺麗な花・・・から名が付いた

元々は花壇に植えられていたものが逃げ出して野生化したと言われる 繁殖力の強い花

e0025300_16213658.jpg

野草の中には長い期間咲いていて見慣れた花が有る・・・

そんな花も 年が明けてから見ると新鮮に見えるものですね。。。

e0025300_20252230.jpg

道路脇で咲いていた タンポポ (セイヨウタンポポ)

春も半ばになると もう見慣れてしまって撮影はついついスルーしてしまう 002.gif

石垣脇で咲いていたのは 苦手な極小花の 胡瓜草 (キュウリグサ)・・・

e0025300_20312043.jpg
e0025300_20314790.jpg

以前は「蕾」がほぐれて花を咲かせる様を撮ったものだった

今は咲いた花を撮るのが精いっぱいといったところ・・・それも接写するまでも無くなった

e0025300_2035421.jpg

ピンク色の花で面白い花だなぁと夢中で撮った 仏の座 (ホトケノザ) も然り・・・

e0025300_20384890.jpg

一休みと座ったベンチの足元で咲いている・・・

e0025300_20405431.jpg

以前だったら しゃがみこんで接写をしまくったものだった。。。

e0025300_20422635.jpg

10年以上も「花写真」を撮り続けたので飽きが来たわけではないのだが

ただ 目新しい花・珍しい花・咲き方が楽しい花 といったものを望みすぎてしまっている自分がいる

見る花・見る花をひたすら撮りまくっていた頃の自分を懐かしく思う事もある昨今です。。。042.gif


「お花見」が絶好の日になるはずだったのに 今日は朝から雨・・・

窓から見える華やかだった桜の花も雨に打たれしょんぼりしているかのようです

今日は先日散策で出逢った野草の花々をアップする事にしました 045.gif


この日歩いた道はこんな処・・・道の両側に咲いている花を探して進んでみました

e0025300_1145296.jpg

最初に出逢ったのは 頭頂に薄紫色の細いラッパ状の花をつけていた

次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク) <ケマンソウ科>の多年草

e0025300_11471430.jpg
e0025300_11531947.jpg

名前は伊勢地方の方言からで スミレを「太郎坊」・この花を「次郎坊」と言うからとか

同じ様な花が咲いていました 頭頂の花数がより多く色も濃いめの花です

e0025300_121362.jpg

同じ仲間の 紫華鬘(ムラサキケマン) <ケマンソウ科>の越年草

e0025300_1242946.jpg
e0025300_124521.jpg

両花は良く似ていて単体だと迷うこともありますが「葉」が全く違います

ムラサキケマンの葉は 小葉が細かく裂けているので案外見分けは簡単です

昨日アップした フラサバソウ が ここにもたくさん咲いていました

e0025300_12141443.jpg
e0025300_12144132.jpg
e0025300_121536.jpg

花ではないがその姿が可愛いと人気の 破れ傘(ヤブレガサ) も見る事が出来ました

e0025300_12175939.jpg

夏ごろに花を咲かせますが 若葉のこの姿ほど人気も無くカメラを向ける人は稀です

もしかするとヤブレガサの花が咲いていても 分からない人が多いのではないでしょうか・・・002.gif

もう少しすると何とも異様な花を咲かせる 浦島草(ウラシマソウ) の葉が顔を出していました

e0025300_12294678.jpg

最後にこの道で一番多かった 八重葎(ヤエムグラ) の花を撮ってみました

e0025300_1243151.jpg

草は一面に生い茂っていて 緑一色・・・花はたくさん付いていますが全然と言っていい程目立ちません

e0025300_1243455.jpg

頭頂や葉脇に白い花を咲かせますがこの花もとにかく小さい・・・042.gif

そこで別持参したコンデジのズーム機能に切り替えて接写してみました

e0025300_1252946.jpg
e0025300_12523247.jpg

散策中に足元で咲いていた花がありました・・・

あちこちで咲いている「オオイヌノフグリ」に似ているのだが感じが少し違う

e0025300_1217933.jpg

花は少し小さめで色もコバルトブルーと言うほどでも無い

かと言って「タチイヌノフグリ」程 花は小さくない 丁度 中間くらいの大きさだ・・・

そして よく見ると 何だか毛のようなものがついている・・・

だとすれば フラサバソウ ということになる

久しぶりの出逢いになる花です 045.gif

e0025300_12191475.jpg
e0025300_12195022.jpg

<ゴマノハグサ科>の多年草 帰化植物のひとつ 特徴は全体に毛が目立つ事

e0025300_1230889.jpg
e0025300_12304371.jpg

厚手のジャンパーが不要になったほどの暖かさ・・・

秋以来の里山周辺の自然を散策してみた

e0025300_1319471.jpg

まだまだ緑が少ない光景の中 赤みを増したが目に入る

「杉花粉」をまき散らして「花粉症」の人にとってはムズムズする光景だ

e0025300_13223394.jpg
e0025300_1358111.jpg

「花粉症」とは無縁なので近付いて撮ってみた・・・

e0025300_1405472.jpg
e0025300_141252.jpg

「杉」についてはこの位にして 野草の花に「春」を感じて見る事にした。。。

オオイヌノフグリが群生していた

e0025300_145549.jpg

これだけ集まって咲いていると 花が光っている様に見えて眩しく感じます

e0025300_1471871.jpg

ヒメオドリコソウスミレタンポポも咲いていて「春」の訪れが満喫できます

e0025300_1474792.jpg
e0025300_14111858.jpg
e0025300_14114748.jpg
e0025300_1412938.jpg

咲いた花を求めて多くの蝶の姿も見られます

e0025300_1414987.jpg

野草の花は本当に強い・・・人の手も借りずに毎年芽をだし花を咲かせる。。。

カラスノエンドウ・ハコベ・ミチタネツケバナも歩く道脇で出迎えてくれました

e0025300_141776.jpg
e0025300_1417284.jpg
e0025300_14175475.jpg
e0025300_1418202.jpg

今回の散策でどうしても出逢いたかった つくし には中々出逢えませんでした 042.gif 

結果・2時間の散策で出逢えたつくしは<2本>のみ・・・

e0025300_142318100.jpg

そして今回散策で フキノトウ に出逢う事も目的のひとつでした

e0025300_14261747.jpg
e0025300_14264096.jpg

汗ばむほどの陽気の中 水も温んで気持ちが良いのか 2羽のカモの姿もの~んびり・・・

e0025300_1434338.jpg

散策中の自然愛好者の方と出逢い 楽しい会話が出来た事もあわせ最高の一日だった


首を長くして待っていた花が咲いた! 

小米犬の陰嚢(コゴメイヌノフグリ)  

オオイヌノフグリの仲間で 白い花を咲かせる

e0025300_19565748.jpg

緑化植物園で群生して咲いていて除去していたのを分けてもらってきた花草

裏庭で咲かせていたのだが 土地売買時に整地の為 綺麗に除去されてしまったのだ

野草の花なので必ずまた顔を出すだろうとは思いながらも心配していた花。。。。

e0025300_202297.jpg

やはり強かった・・・ これで これからも毎年この花を見る事が出来そうだ 001.gif

e0025300_2084466.jpg

道脇の空き地にキラキラとしたコバルトブルーの花が咲いていた

「星の瞳」とも呼ばれる オオイヌノフグリ ・・・

e0025300_16185122.jpg

<ゴマノハグサ科>の2年草  ほぼ1年中見る事が出来ますね

e0025300_16264269.jpg
e0025300_16273329.jpg

この花は私にとって「野草」に興味を持たせてくれた花のひとつとして思い出の花です045.gif


この日は今までの分を取り返すかのように 長時間にわたる散策を続けました

e0025300_2033132.jpg

そして いよいよ楽しみにしていた林縁散策です。。。

遅くなったが それでもこの時期に咲いている花に期待が高まります

e0025300_206960.jpg

茂みの中に赤いものを発見! 何だろう?と近づいてみたら・・・

e0025300_2075846.jpg

そうです 今年は花を撮れなかった マムシグサの実 でした 034.gif

e0025300_2093920.jpg

道脇で鮮やかな色で咲いていたのは コンギク でしょうか? とても綺麗です

e0025300_20124821.jpg
e0025300_2013723.jpg

白い花を咲かせていたのは ヨメナ の様です・・・

e0025300_20152992.jpg
e0025300_20154825.jpg
e0025300_20161143.jpg

次に出逢った・特徴のあるこの姿は ヒヨドリバナ の終わりかけですネ・・・

e0025300_20182496.jpg

数多く黄色い花を咲かせていたのは これももう盛りを過ぎた ヤクシソウ です

e0025300_20193770.jpg
e0025300_202014.jpg

皆・これらの花々は 毎年の様に 咲く時期には撮り歩いていた花々・・・

でも今年は 残念ながら体調の関係もあって ぎりぎりで撮る事になってしまった 008.gif

そうこうしているうちに 毎年 クコ の花を撮っている場所に来ました・・・

大きな期待が有ったのですが ざっと見まわしましたが 花の姿が見えません・・・042.gif

懸命に探してやっとのことで 3っつの花を見つける事が出来ました。。。

e0025300_20253731.jpg
e0025300_2029118.jpg

まだまだ道は続きます   目を転じて木に生る実たちを撮ってみました。。。


この日は ススキ も風にたなびく事もない穏やかな日でした ・・

e0025300_1217818.jpg
e0025300_1220309.jpg

この辺りは比較的温暖地域なのでしょう 木々の紅葉は始まったばかりといったところ。。。

e0025300_1223697.jpg

里山奥に向かう途中のところどころに 姫女苑 イヌタデ の群生も見られます

e0025300_12255227.jpg
e0025300_1226937.jpg
e0025300_12263223.jpg

<そこにはこの花が有る>と決まっている公園などとは違って

花を探し求めて歩きまわり 咲いていた花に出逢える・・・この楽しさはやはり自然散策だからこそですネ。。。

ハキダメギク が有りました・・・

e0025300_12383017.jpg
e0025300_12405660.jpg

見落としそうだったのは ジュズダマ でした

e0025300_12425825.jpg
e0025300_12433376.jpg

ヘクソカズラの実 が目立ちます・・・来年も「ここで蔓延るぞ」とばかりの数の実です 005.gif

e0025300_12463210.jpg
e0025300_1247060.jpg

大自然の中・抜き取る人もいない・・・ここはどうなっていってしまうんだろう

e0025300_12474128.jpg

さぁ・もう少しで 里山の林縁を散策する道・・・  今日はどんな花に出逢えるかな~?