タグ:野草の花々 ( 411 ) タグの人気記事

誰も手を付けないので歩道脇の草むらの中は野草の花だらけ・・・

アカツメクサ・ヤセウツボ・ヘラオオバコ・キキョウソウ

咲いている花々を撮ってきたが 他にも野草の花がありました・・・

アカツメクサ程ではなかったが 同じ時期に見られる 白詰草(シロツメクサ) もありました

e0025300_2155796.jpg

黄色い小さな花が有りましたが 「詰草」の仲間 米粒詰草(コメツブツメクサ) でした

e0025300_2110766.jpg
e0025300_21103043.jpg

この花草も 咲いてる処では群生していますよネ そして思うのは もう少し花が大きければなぁ~

e0025300_2114147.jpg
e0025300_21143070.jpg

フェンス脇でふわふわと白銀色の花穂を揺らしていたのは (チガヤ)

e0025300_21202980.jpg

若い花穂は茅花(つばな)と呼び 甘みがあるそうです (まだ試食したことはありません) emoticon-0141-whew.gif

漢方では根茎を利尿や消炎・止血などに用いられるようです

e0025300_21255921.jpg

「春紫苑」に変わって 姫女苑(ヒメジョオン) が集まって咲き始めていました

e0025300_2129627.jpg
e0025300_21292727.jpg

草むらの中に紫色の形の良い花が見えました

桔梗草(キキョウソウ)

e0025300_2244077.jpg

名前通りで桔梗によく似た花ですが だいぶ小ぶりな花ですよネ

e0025300_2265591.jpg

数年前に出逢った時は もう少し花が付いていたように思ったが今回の花は頭頂部にのみ・・・

ピークが過ぎてしまったのだろうか? 物足りなさを感じながらも何枚か撮る事にした

e0025300_2284442.jpg

やっと複数の花を付けていたものに出逢えたのは 撮り始めてからだいぶ経ってだった。。。

アングルを変えながら撮る事数枚・・・満足して次に移動 (この時確認すればよかったのです)

帰ってからPCに取り込んでみたら満足に写っていたのはたった1枚! これだけ・・・

e0025300_2216443.jpg

原因は何だかわかりませんが ボケボケばかり・・・それもこの花を撮った時だけ。。。emoticon-0141-whew.gif

ふと思いました 花写真を撮られる方々は何枚位を撮り・そのうちの何枚をアップするんだろう?

e0025300_22195483.jpg
e0025300_2220502.jpg

今回の失敗を教訓にもっと<丁寧>に撮り・そして<確認>を忘れないようにと反省させられた日でした


道脇の草むらの中に相談して集まったかのようにまとまっていた

箆大葉子(ヘラオオバコ)

e0025300_1735655.jpg
e0025300_17353080.jpg

たまに里山などで見つけては撮っていましたが こんな身近の道端にあふれていたとは。。。

e0025300_17372728.jpg
e0025300_17375273.jpg

当時から この花の付き方が面白くて探してはシャッターを押しています

e0025300_17395032.jpg
e0025300_1740728.jpg

4月この植物園に行ったのは3回・・・

写真整理の混乱からアップしそこなった花々を今日は載せてみました

4月8日に撮った花々です・・・時機を逸してしまいましたがお許しください <(_ _)>

春 蘭 (シュンラン)

e0025300_18134390.jpg
e0025300_1814140.jpg

3月の中ごろに「市内総合公園」で一度撮ってアップ済み・・・この植物園は遅めの開花のようでした

e0025300_18143136.jpg

二輪草(ニリンソウ)

e0025300_1821204.jpg
e0025300_18235724.jpg

ここでは立ち入り禁止区域の奥で咲いているので望遠でこれが精いっぱいです

ムスカリ

e0025300_1829950.jpg

点在していたものを木の下に集めたのでしょう  案外面白いと思った ^^)/

e0025300_18313163.jpg

園外の裏手の空き地で咲いていた ホトケノザナズナ の群生が見事だったので・・・

e0025300_18344840.jpg
e0025300_18351136.jpg
e0025300_18353789.jpg
e0025300_1836120.jpg
e0025300_18362290.jpg
e0025300_18364236.jpg

少し離れた処で咲いていた 野襤褸菊(ノボロギク) が綺麗に見えたので撮ってみました

e0025300_18384015.jpg
e0025300_18385992.jpg


More ★★★庭で咲く花・ミヤコワスレ★★★

暖かくいい天気になった・・・

球根を掘り起こしもせずに植えっぱなしだった チューリップ がプランターの中で咲いた

e0025300_22355389.jpg

花にも負けない綺麗な葉を楽しませてくれた 葉牡丹 にも花が付きだした。。。

e0025300_2238983.jpg

庭の様子も日に日に変わって行く・・・そんな庭で咲く野草の花を撮ってみた

これらの野草の花々は 見る人によってはただの<雑草花>かもしれない

私にとっては蔓延らせることは良しとしないが 庭で咲いていないのもさびしく感じる花なのです

e0025300_22425031.jpg

トキワハゼ

e0025300_2243535.jpg
e0025300_22484855.jpg

キュウリグサ

e0025300_22461358.jpg
e0025300_22503458.jpg

オランダミミナグサ と 烏野豌豆

e0025300_2253751.jpg

そして ミチタネツケバナ ・・・

e0025300_22551747.jpg

相変らず咲いているのは コゴメイヌノフグリ の白い花

e0025300_22563230.jpg
e0025300_22571494.jpg

なぜかあちこちに散らばって咲いている花 ムラサキケマン

e0025300_22594496.jpg
e0025300_23041.jpg

隅っこの方では とんがり帽子の ムスカリ 達も。。。

e0025300_2315842.jpg
e0025300_2322694.jpg

もちろん このほかにも「西洋タンポポ」「ハコベ」「爪草」「ハルノノゲシ」「襤褸菊」等々も咲いている。。。

賑やかな庭になったものだと楽しんでもいるが その反面「除草」に追われる日々にもなっている emoticon-0141-whew.gif


公園を突き抜けて里山の山際を歩いてみた

久しぶりの光景がとても懐かしく思えた

e0025300_19534833.jpg

杉の木がだいぶ赤くなっているのに気付いた  花粉の飛散も始まっている様だ

e0025300_19552999.jpg

田んぼに沿って道は伸びている

e0025300_19573935.jpg

道脇の草の中に咲く 春の定番の野草花たちを撮り歩いてみた

やっぱり多く目に入るのは「星の瞳」ともよばれる オオイヌノフグリ 達・・・

e0025300_2002490.jpg
e0025300_2005019.jpg

そんな中に・まだ草たちが伸びていないからか 地に張り付いて咲く たんぽぽ があった。。。

e0025300_203398.jpg
e0025300_2033477.jpg

白い花を咲かせているのは はこべ だ・・・

e0025300_2045354.jpg
e0025300_2053954.jpg

姫踊り子草 の姿も見られた  傘の下からのぞいているピンク色の小さな花がかわいい

e0025300_208762.jpg
e0025300_2083342.jpg
e0025300_209228.jpg
e0025300_2093245.jpg

フレーム内に入るように咲いていた3花が有ったので記念に一枚撮ってみた emoticon-0105-wink.gif

e0025300_20114773.jpg

子供の頃はよく見た つくしんぼ 最近はほとんど目にしなかったが・・・一本だけだったが出逢えた

e0025300_20151868.jpg

雑草たちが生い茂るには未だもう少し先・・・歩きやすく気持ちの良い道は続きます。。。

e0025300_2019516.jpg

前回の里山周辺散策は5月22日だったから4ヶ月ぶりという事になる

こんなに間が空いたのは散策を始めてから初めてだ

股関節が歳と共に痛み・・・歩行に支障をきたしてしまったのだ

天候は曇り・時折霧雨が降るという悪条件の中 足慣らしを兼ねて 出掛けてみた

e0025300_1814297.jpg
e0025300_18145149.jpg

ゆっくりと歩を進める林縁の道で咲いている 露草 を始めとする花々が・・・

e0025300_18583944.jpg
★キツネノマゴ
e0025300_18383889.jpg
★ハキダメギク
e0025300_1839288.jpg
★イヌタデ
e0025300_18392857.jpg
e0025300_18394468.jpg
★シラヤマギク
e0025300_1840351.jpg
e0025300_18402534.jpg
★ヨメナ
e0025300_18404772.jpg
★アキカラマツ
e0025300_1841592.jpg
★コセンダングサ
e0025300_18425044.jpg
★アメリカセンダングサ
e0025300_18432775.jpg

通常であれば じっくりと何枚も撮るのだが今日はあくまでも様子見。。。

どの位歩けるかを試しているので 花撮りは二の次にした

結果・2kmが限度・・・歩き方が変だったのだろう 外腰骨が痛くなり引き揚げる事にした

これに懲りる事無く 徐々にだが別エリアにも挑戦してみようと思っています


庭の「野草エリア」で咲いている花が有ります

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)  <ナス科>の多年草

e0025300_19493734.jpg

里山から採って来た「実」を鉢に埋め込み 発芽させたものです

5株ほどが育ち・移植して この夏に花びらを反り返らせた花を咲かせました

e0025300_19531617.jpg
e0025300_19533658.jpg

生る「実」は赤く綺麗で美味しそうですが ソラニンを含んでいて有毒・・・

<鵯が好んで食べるので名が付いた>と言うが 鵯は訪庭するが食べているのを見た事は無い

e0025300_2001032.jpg

歩いていた歩道脇の草むらの中に

ピンク色の  小さな花が咲いていた

狐の孫(キツネのマゴ)  

e0025300_2026063.jpg

一見すると<シソ科>か<ゴマノハグサ科>に見えるのだが・・・

<キツネノマゴ科>の一年草

e0025300_20292090.jpg

淡い紅紫色をした唇型の花が可愛い・・・

e0025300_20315344.jpg

名前の由来は不明だが 一説には・・・ 

花が子狐の顔に似てるからだとか   似てるだろうか?

e0025300_20351854.jpg

「野草エリア」の雑然としてしまった中で咲いていた花が有った

タカサブロウ (高三郎)  <キク科>の一年草

e0025300_10465716.jpg

この花には 私にとって懐かしい思い出が有る・・・

花に興味を持ち始め 名前も知らない頃に里山に連れて行ってもらった時の事

引率してくれた先輩が この花の茎を折って 紙に薄墨状の文字を書きながら 

ある一説を話してくれた時に 一度で覚えた花の名前だった

e0025300_10541976.jpg

その一説とは・・・

昔・浪人を余儀なくされた 名を「高三郎」という武士が居た

妻や子供を国に残し単身で職探し中だったが思うようにいかず貧困状態だった

家族に送っていた「文」の墨すら儘ならなくなってしまった

ある時 長屋の裏の雑草を除去していた時に 茎から出る汁が黒ずむことに気付いた

文字を書いて見ると 薄墨状態だがかける事が解った

e0025300_115167.jpg

以来・この草を探しては摘んで 何とか「文」を送り続ける事が出来た・・・

この姿を見た長屋の人々がいつしかこの草を「高三郎さんが摘む草」=「高三郎」と言い出した。。

e0025300_1194838.jpg

あくまでも一つの説だろうが 私にとっては忘れられないものになった

<蛍の光・窓の雪>に似た 自然の工夫・・・という事で 昔の人の知恵を感じたのでした

もっともっと 花の名前に こういった「物語」が有ったら 楽しい事だろうなぁ。。。