いつものように、林縁を散策して出逢った花々です。
e0025300_16241936.jpg
  咲き出していたのは、黄白色の小さな花をつけた アキカラマツ です。
e0025300_16261226.jpg
  「秋落葉松」・・・<キンポウゲ科>の多年草。
e0025300_16263293.jpg
  これからの時期、この林縁はこの花でいっぱいになりそうです。

  極小の白い花は カノツメソウ ・・・
e0025300_16303631.jpg
  別名でダケゼリとも呼ぶ<セリ科>の多年草。。。
e0025300_1637424.jpg

  林縁で、今最も多く見られる花は ヌスビトハギ です。
e0025300_16394751.jpg
e0025300_16401066.jpg

  小さな花といえば ミズヒキ もまた、多く目に入ります。
e0025300_16411043.jpg


More
  いよいよ、6月も終わりに近付いてきましたネ。。。

  庭の夏の花草に、梅雨明けの開花を待つ【蕾】が目に付きだしました。。。

  ギボウシ
e0025300_17591579.jpg

  ヒオウギズイセン
e0025300_1801644.jpg

  アガパンサス
e0025300_1811133.jpg

  キキョウ
e0025300_1815573.jpg
  沖縄は梅雨明けをしたようですね・・・
  この花々も、強い夏の陽射しを今か今かと待っているのでしょう。emoticon-0105-wink.gif
  公園の中の 【接骨木】(ニワトコ) の木に「蕾」が付いていました。
e0025300_13283718.jpg
  咲くと白くて細かい花が付くんですよね~。

  この木は、漢字の「接骨木」が、骨折した木?みたいで面白くて覚えた木でした。emoticon-0105-wink.gif

  本当は、小枝の黒焼きを骨折した時に<湿布>として用いたのだそうですね。
e0025300_13353711.jpg
  そして、名前の「ニワトコ」は、鶏の止まり木にしたからとの事です。

  花期が4~5月・・・もう開花も間近になったようです。


  見上げていたら、髭のような物が 木の途中に付いているのが有りました。
e0025300_13394598.jpg
  面白いので撮ってみた。。。  【軒忍】(ノキシノブ)  <シダ植物>

  時には、民家の軒下で忍んで生えているので「軒忍」ネ~。。。 emoticon-0144-nod.gif
  市内の桜の名所になっている近隣公園へ様子を見に行ってみた。

  まだ、「染井吉野」は一輪の花も見つけられなかったが、蕾は膨らんでいた。。。
e0025300_1628332.jpg
e0025300_16281697.jpg
  この蕾が花になって此処・グラウンド周辺を彩るのも もう直ぐでしょう。。。emoticon-0100-smile.gif
e0025300_16294976.jpg

          **********

  公園内で、チラホラと咲いていた 【さくら】 がありました。
e0025300_1632437.jpg
  蕾は濃い紅色とも言える色・・・花は下向きで咲いています。
e0025300_16325551.jpg
  「寒緋桜」に似ていますが、それ程濃いピンク色の花では有りません。

  咲きはじめたばかりの様です。  この時期だと「彼岸桜」でしょうか?
e0025300_16361270.jpg
  同じ様に、この桜を見ていた人が「おかめ桜」じゃないかしら? と言っていた。。。
e0025300_16363662.jpg
  「彼岸桜」だとすれば、実は黒紫色だという。。。それまで、待つしかないのだろうか? emoticon-0138-thinking.gif
e0025300_16435096.jpg
  それにしても、一体 なに桜 なんだろう?

今日は、一月最後の日・・・早くも2月になるんですね~。

サラサラといった雨が、今日も降り続いています。。。 
e0025300_1324716.jpg
      【沈丁花】 の蕾も赤みが増してきています。。。

e0025300_1334723.jpg
【キダチアロエ】 の蕾にも容赦のない雨が・・・。

e0025300_134124.jpg
【万両】 の実も、雫をたたえて輝いていました。

e0025300_1363066.jpg
芽を出したばかりの 【雪柳】 にも・・・

一雨毎に「春」が近付くと言われています。。。立春も間近・・・。

庭もこれから、様々な芽が見られるようになるのでしょうネ。emoticon-0100-smile.gif