タグ:自然散策 ( 129 ) タグの人気記事

今回の散策で一番多く出逢った花は 吸い葛(スイカズラ) でした

e0025300_15101126.jpg
e0025300_15103028.jpg

歩く先々に白い花と黄色い花がそれぞれ2つづつ並んで咲いています

e0025300_15115016.jpg
e0025300_1512823.jpg

別名で「金銀花(キンギンカ)」ともよばれる 半落葉つる性木本です

花は5つに分かれていて4つは上側に 1つは下側に反り返っている

e0025300_15195984.jpg

花の咲き始めは「白色」・やがて「黄色」になって行く。。。

それにしても 今年はやけにこの花が目立つ気がするのだが思い過ごしなのだろうか?

e0025300_1522458.jpg
e0025300_15222317.jpg
e0025300_1523188.jpg

e0025300_17124984.jpg

カラッとした好天気・・・気分よく散策が出来ます

もうすっかり田植えも終わった田の周辺を歩いてみました。。。

e0025300_1715226.jpg

あぜ道などで兎に角目立っているのは 白詰草(シロツメクサ) でした

e0025300_17173159.jpg

別名の クローバー の方が一般的でしょうか。。。

e0025300_17185961.jpg

子供の頃「四葉のクローバー」探しをした事のある人も多いのでは?

e0025300_172035100.jpg

そしてこの花の咲く処には<寄生植物>の 痩靭(ヤセウツボ) が良く見られます

e0025300_17234864.jpg
e0025300_17292778.jpg

葉緑素をもたないため全体的に褐色で花は唇形をしている<帰化植物>です

e0025300_1729645.jpg

ニョキニョキと生えていた 大葉子(オオバコ) にも小さな小さな花をたくさん咲かせていました

e0025300_17342541.jpg
e0025300_17345259.jpg

この日はルーペを持参しなかったので観察できなかったのが残念でした 042.gif

e0025300_17363162.jpg

小型の<ススキ>と言った感じの (チガヤ) も目につきます 真っ白な穂が風になびいています

e0025300_17425622.jpg
e0025300_17431627.jpg
e0025300_17443519.jpg

この先は里山の林縁を歩いていて出逢った花をアップしたいと思います


電車が通り過ぎて行く向こう側・・・今回の散策コースです

e0025300_1354191.jpg

線路の下をくぐろうとした時 丁度・特急列車が通過するところでした

e0025300_13561595.jpg

「頭上注意」の低い通路を抜けると 先ず目に入ったのは 綺麗に咲いていた キショウブ

e0025300_13585239.jpg
e0025300_13592989.jpg

この場所は もう使われなくなった田んぼ(休耕田)の中です

e0025300_1411849.jpg

道を挟んだ右側の休耕田の中でも咲いているキショウブが見られました

e0025300_1424947.jpg

歩き始めると長い茎が絡み有った中に黄色い小さな花が咲いているのを見つけた

e0025300_144082.jpg
e0025300_1442699.jpg

この小さな花の名は 垣根芥子(カキネガラシ) と言います

e0025300_1474729.jpg

四方八方に伸ばした茎の先に咲く花は本当に小さい花です

そして足元の至る所で白い小さな花を付けていたのは 豆軍配薺(マメグンバイナズナ) たち

e0025300_14134482.jpg
e0025300_1415415.jpg
e0025300_1416812.jpg

小さい花に苦労しながら撮っていたらいきなり「ばった」が 花に飛びついてきた

e0025300_14182978.jpg

昨夜の雷雨が嘘の様な カラッとした好天気・・・

久し振りに 初夏の里山周辺を歩いてきました。。。

e0025300_2121624.jpg

特別に撮りたい花の当てが有るわけでも無く 里山の空気に当たろうと。。。


里山の民家の脇の「桜の木」に彩りのきれいな実が生っていた。。。

e0025300_21114989.jpg
e0025300_2174559.jpg

里山の脇道を歩いていたら頭上にまだ青い サルトリイバラ の実が・・・

e0025300_21154320.jpg

そして足元には赤い ヘビイチゴ の実があちこちに見られた・・・

e0025300_21171656.jpg
e0025300_21173882.jpg

何となくおいしそうに見えるが決して美味い物ではないのは分かっていたが・・・

e0025300_21192574.jpg

久しぶりの里山で気分も良かったので。。。。

一粒・口に含んでみたが・・・やっぱり不味い! 021.gif  あわてて吐き出した。。。

e0025300_21224572.jpg

高い所に 桑の実 が生っている。。。。口直しに「黒い実」を口に入れたいと思ったのだが 手が届かなかった。。。

e0025300_21254226.jpg
e0025300_2126181.jpg

この時期に咲いていた花々もいくつか撮る事が出来た。。。ただ写真整理に時間が掛かりそうだ 042.gif


日差しを避けて 自然公園へと続く木立の中へ・・・

e0025300_20181545.jpg

歩いている道脇には 銀蘭(ギンラン) の姿が見られました

e0025300_20201595.jpg
e0025300_20203980.jpg

キンランの花に比べると地味ですが 小さな白い花は可愛い

e0025300_2023504.jpg
e0025300_20241057.jpg

たまたま散策に入った処で「銀蘭」の花に出逢う事が出来るとは・・・

こっちを睨んでいるかの様な 蝮草(マムシグサ) にも出逢えました

e0025300_20301750.jpg

頭上で盛んに啼く ウグイス の声・・・今回は何とか探して見る事にした

近くにいるようなのだが中々姿は確認できない

木々の間を細心の注意を払う事<20分>程・・・・・居た!・見えた!005.gif

e0025300_2039691.jpg
e0025300_20402100.jpg

ウグイスを撮ろうと見上げていた時に たまたま見つけた花・・・ ホオの木 

e0025300_20425729.jpg
e0025300_2043178.jpg

心地よい風・少しだけ汗ばむ日・・・出掛けてみました

しばらく来ていなかったが すっかり田んぼには苗が植えられていた・・・

e0025300_2138890.jpg

春を告げた「タンポポ」も 綿毛になって新天地への旅立ち準備完了・・・

e0025300_2139462.jpg

タンポポに似た花で背の高い花が咲いていました 豚菜(ブタナ) です・・・

e0025300_21462617.jpg

群生していることの多い花 別名で「タンポポモドキ」・・・ブタナよりもこちらの名の方が。。。

e0025300_21484624.jpg

光沢のある黄色い花が咲いていました  これは 馬の脚形(ウマノアシガタ)
でした

e0025300_2151528.jpg
e0025300_21521519.jpg

この花の別名は「キンポウゲ(金鳳花)」とも呼ばれています

e0025300_21543491.jpg

だいぶ日差しも強くなったので 林の中を歩く事にしました。。。


地面に張り付くかの様に生えていた草に青紫色の花が咲いていました

金瘡小草(キランソウ)   <シソ科>の常緑多年草   唇型の青紫色の花を咲かせます

e0025300_20162075.jpg

別名・「地獄の釜の蓋」・「こうぼうそう(弘法草)」・「いしゃごろし(医者殺し)」等とも呼ばれます

e0025300_20212773.jpg

咳止めや健胃薬の漢方薬として利用もされてきました

e0025300_20243384.jpg

そういえば我が家で咲く「アジュガ」の別名が「西洋金瘡小草」と言う・・・

すっくと立ち上がるか地面に張り付くかの違いはあるが…葉や花の形・色はそっくりです


以前・自然公園まで行って撮った ムラサキケマン がたくさん咲いていた

e0025300_2018363.jpg
e0025300_20185058.jpg

わざわざ遠くまで行かなくても 身近なこんな場所に・・・と言う場所

我が家の野草エリアに植えてみようと3株ほど持ち帰る事にした 006.gif

e0025300_20212833.jpg
e0025300_202243.jpg
e0025300_20222929.jpg

散策をしていたら アオキ の花が目に入った・・・

e0025300_20112815.jpg

アオキの花は雌雄異株です  この木は去年の実が残っている雌株

雌株の花は小さくまとまった感じのする花

e0025300_2014696.jpg

一方雄株は大きく広がった感じがしています

e0025300_20154292.jpg
e0025300_2016068.jpg

花はあずき色をした4弁花をしています  探してみたらありました

e0025300_20181750.jpg

まだ咲き始めたばかりで花数は少ないのですが

ついている蕾がそれぞれ花開くと 実に沢山の花を付けます

e0025300_20195287.jpg

野草の中には長い期間咲いていて見慣れた花が有る・・・

そんな花も 年が明けてから見ると新鮮に見えるものですね。。。

e0025300_20252230.jpg

道路脇で咲いていた タンポポ (セイヨウタンポポ)

春も半ばになると もう見慣れてしまって撮影はついついスルーしてしまう 002.gif

石垣脇で咲いていたのは 苦手な極小花の 胡瓜草 (キュウリグサ)・・・

e0025300_20312043.jpg
e0025300_20314790.jpg

以前は「蕾」がほぐれて花を咲かせる様を撮ったものだった

今は咲いた花を撮るのが精いっぱいといったところ・・・それも接写するまでも無くなった

e0025300_2035421.jpg

ピンク色の花で面白い花だなぁと夢中で撮った 仏の座 (ホトケノザ) も然り・・・

e0025300_20384890.jpg

一休みと座ったベンチの足元で咲いている・・・

e0025300_20405431.jpg

以前だったら しゃがみこんで接写をしまくったものだった。。。

e0025300_20422635.jpg

10年以上も「花写真」を撮り続けたので飽きが来たわけではないのだが

ただ 目新しい花・珍しい花・咲き方が楽しい花 といったものを望みすぎてしまっている自分がいる

見る花・見る花をひたすら撮りまくっていた頃の自分を懐かしく思う事もある昨今です。。。042.gif