4月に沢山の綺麗な花を咲かせてたのしませてくれた

木瓜 (ボケ)

花後に剪定をして整えていたのだが・・・何故かこの時期に花を咲かせ始めた。。。

e0025300_2036295.jpg
e0025300_20362378.jpg
e0025300_20364298.jpg

この時期になればどこのお庭でも花咲く 紫陽花

我が家の庭でも見ごろを迎えています

e0025300_20384728.jpg
e0025300_2040459.jpg
e0025300_2040194.jpg
e0025300_2040369.jpg
e0025300_20405690.jpg
e0025300_20411491.jpg
e0025300_20414610.jpg


More    ★★★★★ ミニ菜園では・・・ ★★★★★

気温は下がってきたがそれでも好天は続いている

ぶらっと立ち寄った公園で見たのは ツワブキ の花後の綿毛。。。


e0025300_2055791.jpg
e0025300_20555983.jpg

同じく花後の ホトトギス の姿も見られる。。。

e0025300_20574675.jpg

足元に丸くて白い「実」がたくさん散らばっていました・・・

e0025300_20585767.jpg

見上げると センダン の実が生っていました。。。

e0025300_2102353.jpg
e0025300_2105863.jpg

藤棚には 藤の実 が垂れ下がっていました。。。

e0025300_2124346.jpg
e0025300_2132412.jpg

もうすぐ莢から実がはじけ飛ぶことでしょう。。。

e0025300_215168.jpg

暖かな日も今日まで 明日は「雪」になると予報していた 大雪にならねばいいのだが・・・


庭で青かった実が 赤くなった実が有ります

ヒヨドリジョウゴの実

e0025300_185246.jpg

この実を見ていると 以前里山で見た実と違った感覚で見ている事に気付いた

里山では花を見つけ・実を見つけた時を撮っていた。。。

庭で見る「ヒヨドリジョウゴ」は 芽を出し・葉を出し・蔓を伸ばし・花を咲かせ・実を付けた・・・

成長をずーっと見続けてきて 今赤くなった実を見ている・・・この感覚の違いは何なのだろう?

そしてもう一つ 里山と庭で見るのとは違う見方をしているものが有った


もうそろそろ冬に向かうと言うのに一段と元気な葉・・・

彼岸花の葉 です

e0025300_1827925.jpg

赤く咲いた彼岸花が終わってから芽を出し伸び始めた

来年の夏に向けて栄養を補給中なのだと言う そしてこんなに元気でも花の咲く頃には姿を消す

出逢って咲いた花を撮ってる時には茎と花だけなのだ・・・

今見ている葉を里山で見てもカメラを向ける事は無かった気がする

こうしてファインダーを通してみると 地道な陰の努力みたいなものを見る気がする


園内では 花ばかりでなく「実」も見られた

高い木に生っていたのは 無患子(ムクロジ)の実 でした

e0025300_1135653.jpg

この実の「種子」は 羽根つきの羽根の黒い球になり

実の「果皮」は 昔は石鹸代わりに利用した事もあった様だ。。。

e0025300_119493.jpg

綺麗な実が生っていた木が有りました

e0025300_11101027.jpg
e0025300_11104018.jpg

初春に黄色い花を咲かせて春の到来を告げた 山茱萸(サンシュユ) です

赤い実とは認識していたが 赤くなる直前の実はこんなにも綺麗だったんですね~

e0025300_11152532.jpg

爽やかな秋風に誘われ ご近所で生っている実を撮りに出掛けてみた

多くのお宅で見られたのは 赤い実をたくさん付けている ピラカンサ

e0025300_16255328.jpg
e0025300_1626227.jpg
e0025300_16264759.jpg

青空の下 ザクロ の実がだいぶ大きくなっていたお宅

e0025300_16292422.jpg
e0025300_16295044.jpg

フェンスから 色付きはまだでしたが ムベ も顔をのぞかせていました

e0025300_16321951.jpg
e0025300_1633277.jpg

色づいてポツンと残されていたのは イチジク ・・・  

e0025300_1636713.jpg

いつもの様に鮮やかな紫色の実をたくさん付けていたのは コムラサキ

e0025300_1638633.jpg
e0025300_16382781.jpg


猛暑が続いた夏・8月も今日で終了

急に朝晩涼しくなっている昨今 もうこのまま秋になるのか?

一寸夏休みを・・・と思っていたら あっという間に過ぎ去った日々

以前・野鳥の撒き餌から芽を出し花を咲かせた「蕎麦」が有ったが

その後もう一つの植物が 花壇の中で芽を出した   「玉蜀黍 (トウモロコシ) 」 だ

e0025300_18371299.jpg

見る見るうちに大きくなり 雄花を咲かせていたのを二階から眺めていた

e0025300_18373479.jpg

そして 気が付けば「実」も生っていた・・・

e0025300_1839139.jpg

勝手に芽を出し・育って実まで付けてくれたが

このまま食べられるまでの実になるのだろうか???。。。

いろいろな花が咲いている庭の一角に作った「ミニミニ菜園」

此処でも咲いている花々が有ります  実になる花々です 001.gif

黄色い花は キュウリトマト です・・・

e0025300_20103844.jpg
e0025300_20105946.jpg

白い花も咲いています  今年初めてトライしたオクラ の花です

e0025300_20142845.jpg

そして もうすでに ミニトマト は「実」になっています・・・

e0025300_20202339.jpg

初めての「オクラ」もあの独特な形を見せています

e0025300_2022428.jpg

収穫間近の「実」は 「トマト」と「キュウリ」です。。。

e0025300_20243839.jpg
e0025300_20245976.jpg

二人で食べるだけの量ですが 日々育ってゆく姿を見ながら楽しんでいます


五重の塔の「九輪(宝珠)」に見立てた名が付いた 九輪草 が咲いていました

e0025300_2243494.jpg

桜草をぐ~んと伸ばしたような花姿  <サクラソウ科>の多年草

e0025300_22433544.jpg
e0025300_22444772.jpg

人工川の対岸に有るので近づいて撮る事が出来なかったのが残念・・・042.gif


たくさん・綺麗な実を付けた木が有りました

e0025300_22454110.jpg

桜桃(ユスラウメ) です

熟しかけたピンク色の実・・・そして美味しそうに熟した実が付いています

e0025300_2246341.jpg
e0025300_22463161.jpg

昨夜の雷雨が嘘の様な カラッとした好天気・・・

久し振りに 初夏の里山周辺を歩いてきました。。。

e0025300_2121624.jpg

特別に撮りたい花の当てが有るわけでも無く 里山の空気に当たろうと。。。


里山の民家の脇の「桜の木」に彩りのきれいな実が生っていた。。。

e0025300_21114989.jpg
e0025300_2174559.jpg

里山の脇道を歩いていたら頭上にまだ青い サルトリイバラ の実が・・・

e0025300_21154320.jpg

そして足元には赤い ヘビイチゴ の実があちこちに見られた・・・

e0025300_21171656.jpg
e0025300_21173882.jpg

何となくおいしそうに見えるが決して美味い物ではないのは分かっていたが・・・

e0025300_21192574.jpg

久しぶりの里山で気分も良かったので。。。。

一粒・口に含んでみたが・・・やっぱり不味い! 021.gif  あわてて吐き出した。。。

e0025300_21224572.jpg

高い所に 桑の実 が生っている。。。。口直しに「黒い実」を口に入れたいと思ったのだが 手が届かなかった。。。

e0025300_21254226.jpg
e0025300_2126181.jpg

この時期に咲いていた花々もいくつか撮る事が出来た。。。ただ写真整理に時間が掛かりそうだ 042.gif


高い木に「実」が生っていました。。。

e0025300_12364035.jpg

この実は ムクロジ (無患子) と言う木の実です

e0025300_12392343.jpg

実がまだ青いうちに皮をむいてこすり合わせると泡立ちます。。。

昔はこれを「石鹸」代わりに利用していたとも言われ

インドでは古くから洗濯用に用いられてきたそうです

e0025300_1242591.jpg

実の大きさは「ギンナン」と同じ位か心もち少し大きいでしょうかね~ 

冬になって 茶色くなり干からびて落ちた実を振ってみるとカラカラと中で種の音がします

この音のする実を割ってみると 黒くて丸いとても堅い種が出て来ます・・・

これが 子供の頃お正月に遊んだ「羽根つき」の羽根の珠に使われていたんですネ 006.gif

e0025300_12494428.jpg

木の下を見回しましたが まだ落ちている実は見当たりませんでした

e0025300_1256146.jpg