<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

とうとう9月も今日で終わりになりましたネ 今年も残すは3か月・・・

里山では未だに遅れている 彼岸花 が 裏庭の隅の木陰で咲いていました
e0025300_12313840.png
やぶ蚊が凄くて 傍に近付けません ><*  咲きだしたばかりか「蕾」も見られます

ズームアップしてみましたが 手前の草をも どかす事ができませんでした
e0025300_12344354.png
ヤナギハナガサ も長い事花を咲かせています 009.gif
e0025300_12364527.png
未だに片付けていなかった ゴーヤ ・・・実が生っていました  最後の実の様です 006.gif
e0025300_12382369.png
実と言えば コムラサキ の実も綺麗に生っていました
e0025300_12391955.png
庭でも四季の移り変わりは行われていました・・・

大型の台風が来ています 十分な対策で被害の無いように気を付けながら・・・

そして 台風が過ぎ去った後の散策を楽しみに思いながら・・・

あっという間に過ぎた9月の締め記事にさせていただきました

歩いていたら 点々と地を這うように白い花が咲いています 006.gif

3つの小葉からなる複葉が直線的に伸びていて 草藪の中に消えている様に見えます
e0025300_1514658.jpg
<マメ科>の多年草  蝶形の花が可愛い・・・ ネコハギ(猫萩)
e0025300_15173922.jpg
白い花の中心には紅紫色の班が有ります 花は1cm弱

この花の出逢いも 最初は「葉」を教わり 翌年花の撮影に成功した花でした

名前は全体に軟毛が多い所から 付いた様ですが 私は「猫の足跡」として覚えました
e0025300_1520574.jpg
こういった<多年草>は 翌年にも出逢えるので散策する者には楽ですね 001.gif

今日はいろいろ撮った中から「女郎蜘蛛 ♀」をアップしてみました
e0025300_15301951.jpg

田周りの最後は イボクサ 同様 田の害草と言われているが 素敵な花 コナギ 探し・・・

<ミズアオイ科>の一年草  史前帰化植物のひとつ 青紫色の花和咲かせる

除草剤散布で 最近はだいぶ減ってきているので 以前ほど出逢いは簡単ではなくなった

少し荒れた感じのする田んぼで じっくり探したら・・・ 有りました 029.gif
e0025300_983846.jpg
たった 一株にしか出逢えませんでしたが 十分美しさを堪能する事が出来ました ^^
e0025300_9214630.jpg
これで この時期 田周りで毎年逢う花々は撮り終えたので林縁伝いに帰る事に・・・
e0025300_924081.jpg

途中・今年は綺麗に撮れなかった クコ(枸杞) の花が咲いていました
e0025300_9262764.jpg
<ナス科>の落葉低木  紅紫色の花を咲かせます
e0025300_9295869.jpg
この花との出逢いは 初めは「実」でした・・・

その時に花の時期を聞いておいて 翌年・逢いに行って花を知りました 001.gif
e0025300_9325257.jpg
今年も何とか綺麗な花に出逢え ホッとする事が出来ました


歩きながら見上げると ゴンズイ(権萃)の実 が有りました・・・
e0025300_9365738.jpg
袋果が開いて 黒光りした種が顔をのぞかせています  <赤と黒>・・・案外綺麗です
e0025300_942495.jpg

水田周り・畦等で咲いている露草の仲間・・・ 疣 草
e0025300_17562817.jpg
<ツユクサ科>の一年草  清楚な淡い紫色の花を咲かせます
e0025300_1803278.jpg
こんなに素敵な花なのに 田んぼにとっては「害草」として扱われている

初めての出逢いは 露草系だなとは分かったが 名前は分からなかった・・・

いくら 汁を付けると「疣」が取れると言われてるからとはいえ「イボクサ」なぁ・・・042.gif
e0025300_18374112.jpg
日陰で咲く花は 青紫色だったが・・・何だか寂しげに見えてしまった

付けられた後で薬効については定かでないと言われてもねえ

名付けられたこの子が不憫で・気の毒だなぁ そう思ったものでした 008.gif

茎が斜めに立ち その後・横に這って節から根を出し 所々から枝分かれして広がる

広がり方が大きいので「害草」と言われるのだろう  群落をつくって咲いてると見事です

今回はだいぶ手入れをしたのか 残ったものがちらほら咲いているだけでした
e0025300_18374231.jpg

わざわざ探し回る程も無い位目につく「放棄水田」・・・

鬱蒼としているものの 草花にとっては自由に成長できる恰好の場所でもある

散策する者にとっては 野草の宝庫にもなっています

こちらでは 桜 蓼 が元気いっぱいでした
e0025300_144756.jpg
「タデ」と名が付く中では 比較的人気の有る花・・・<タデ科>の多年草 
e0025300_15124971.jpg
やわらかなピンク色の花に 女性の優しさを感じたのが出逢いの最初でした
e0025300_15132248.jpg
以来・毎年この時期にはウキウキしながら この花とのデートを楽しんでいます 003.gif
e0025300_15132881.jpg
e0025300_15192127.jpg
まだ出逢った事は無いが 色白の可愛い子もいると言う・・・逢ってみたいな~ ^^

そこで待っている 蝶々さん そろそろ退くのでどうぞ!
e0025300_15243729.jpg

アップする花も底を付いたし 涼しくなったので 昨日・ぶらっとネタ探しに・・・

今回は「放棄水田」・「休耕田」を散策してみました 006.gif

この辺りも 作物者の高齢化・継承者不足で 年々増えてきた「放棄水田」・・・

雑草が生い茂る中に黄色い花を発見!
e0025300_1422575.jpg
どうやら チョウジタデ(丁子蓼) の様に見えます・・・ 

<アカバナ科>の一年草 湿地に多く 茎に<稜>が有って暗紅色

葉は互生の披針形で 花はその脇に4弁花を咲かせる。。。
 そう覚えていた・・・

だが撮っていて気付いたのは 花が大きいという事でした・・・???
e0025300_14494990.jpg
丁子蓼は もっと小さく1cm位と記憶していたが この花はそれより 全然大きい・・・
e0025300_14533515.jpg
何かおかしい・・・万が一の為に茎のはっきりした翼の部分も撮っておくことにした
e0025300_145731.jpg
それにしても くっきりとした素敵で綺麗な花です 001.gif
e0025300_14595731.jpg

帰ってから念のためネット図鑑と照合しましたがやはり違和感は拭えませんでした

数々の図鑑で「科名」「花色」「季節」「湿地花」等々 いろいろと検索してみた・・・

半日・PCと睨めっこしてやっと見つけました・ありました! 005.gif

ヒレタゴボウ(鰭田牛蒡)  <アカバナ科>の一年草  アメリカ原産の帰化植物

茎に「鰭(ヒレ)」が有る<田牛蒡(タゴボウ)>だそうです

決め手は花が大きく 花弁に有る「葉脈状の筋」と茎に<顕著な稜又は翼>がある事

確かにアップで撮り置いた写真の花弁には はっきりとこの葉脈状筋が写っていました
e0025300_1511413.jpg
散策仲間に電話をしたところ あっさりと「そうだよ・ヒレタゴボウだよ 今がピークだネ」 008.gif

ウッソ~!知ってたの~?・・・調べに半日も掛けず 早く聞けばよかったなぁ
 ><*
ヒョロヒョロとした 小さな串にピンク色の粒々を付けている・・・
e0025300_16235090.jpg
おままごと遊びでは「あかまんま」って呼ばれていた・・・
e0025300_16255457.jpg
たくさん集めて 小さなお茶碗に「お赤飯だよ」って盛られていたっけ。。。

思い出しながら眺めるこの群生・・・此処なら 採り放題・摘み放題だよなぁ
e0025300_16301181.jpg
夏ごろから花を咲かせ始め 秋が最もにぎやかな光景になりますね 001.gif

イヌタデ(犬 蓼)  <タデ科>の一年草   別名「アカマンマ」
e0025300_1637577.jpg
e0025300_16381145.jpg
鞘状の托葉は筒形で 外側に毛があり ふちには長い毛がある
e0025300_16362119.jpg

道脇で咲いていた 現の証拠   <フウロソウ科>の多年草
e0025300_21322728.jpg
花には<白花>と<紅花>が有りますが この辺りでは 8:2 の割合で見られます

どうやら<紅花>は「西日本」に多い様ですね・・・
e0025300_2138773.jpg
伸びた花柄の先に2つの花を咲かせます
e0025300_21405943.jpg
下痢止めの薬草として知られていますネ

今回の散策でも 一か所だけでしたが<紅花>を撮る事が出来ました 001.gif
e0025300_21434493.jpg


葉っぱの陰から カエルさんがこちらを覗っていましたよ・・・
029.gif
e0025300_21462424.jpg

今回の里山周辺を歩いて 一番目についたのは・・・
e0025300_18261841.jpg
休耕田・林縁脇等が 露 草 で埋め尽くされているのが多かった事 005.gif

春先に見た オオイヌノフグリ の光景を思い起こしました・・・
e0025300_1832515.jpg
暑かったこの日に この光景は<一服の涼>を感じ ホッとさせられました 001.gif
e0025300_18352468.jpg


一息入れた後に 再び照り返しの強い道を歩く道脇には 力 芝 が有りました・・・
e0025300_18374185.jpg
<イネ科>の一年草  根がとても強く抜くのに とても苦労する草

暗紫色の剛毛のある小穂が多数集まった花序をつけています
e0025300_18423722.jpg
エノコログサに女性的優しさを感じるのに対し こちらは男性的なたくましさを感じます

おやおや・暑いだろうに バッタさんが道案内してくれましたヨ
 ^^
e0025300_18463882.jpg

草の中を歩くと ズボンの裾に くっつくものが幾つか有りますネ

その一つに 縮み笹 が有ります
e0025300_1373523.jpg
<イネ科>の多年草  草丈は10~30cm程  白い花が可愛い 043.gif
e0025300_1384832.jpg
茎の先に総状花序をつけ 小さな花を咲かせます 
e0025300_1312598.jpg
e0025300_13122039.jpg
毛の多いものを「ケチヂミザサ」少ないものを「コチヂミザサ」に分ける場合も有る様だ
e0025300_13115698.jpg


More あらら・・・器用だね~!