<   2008年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧

   今年も・・・空き地のフェンス際に有りました。
e0025300_18262870.jpg
   もう、解っていればなんと言う事も無いのですが、最初の出会いは???でした。
e0025300_18274188.jpg
   雑草の中から、「さなぎ」のような物がぶら下がっていたのですから・・・。
   何度見ても 本当に異様な姿をしていますよね~。。。。
e0025300_18302991.jpg

   可憐な花とも言える【すずらん】が庭で咲いています。
e0025300_17232222.jpg
   白い小さな釣鐘形の花が、並んでいます。。。

   この花、見た目よりも強く「どうやってこんな処に出るの?」と言うほどあちこちに出現。
e0025300_17262027.jpg
   この時期に、次々と咲きだしています。 何時もの事ながら、花の中を覗いてみました。。
e0025300_1728222.jpg

   今年も、この花が咲く時期になりました。

     【マツバウンラン】   <ゴマノハグサ科>の一年草

     宅地造成中の空き地で、去年見つけ・・・今年も眺めてきました。。。
e0025300_17535385.jpg
     細く・か弱そうな茎に、唇型の花を咲かせています。。。
e0025300_1755199.jpg
     個々もですが、こうして<群生>している様は とても綺麗です。。。
e0025300_17561614.jpg

   犬の散歩で歩く道沿いのお宅から顔を覗かせている花々を・・・。

   毎年・何処よりも一番早い【ジャーマンアイリス】は、歩道脇の電柱の横で咲きます。
e0025300_1149374.jpg
   沢山の黄色い花を咲かせているのは【モッコウバラ】。  とげの無いバラですね。
e0025300_11522547.jpg
   可愛い花は【フジモドキ】と言うようです。
e0025300_11571519.jpg
   もう直ぐ真っ白な花になる【オオデマリ】の花は未だ<緑色>です。
e0025300_11585489.jpg
   「クレマチス」の中の【クレマチス・ルーベンス】の花が、「カナメモチ」の生け垣の間から・・・。
e0025300_1211028.jpg
   もう、咲いていました・・・【ハナショウブ】ですね。
e0025300_1222386.jpg
   大事にされているようです。。。【ボタン】が咲いてました。
e0025300_1223828.jpg


「実」で知りました。。。
   「カスマグサ」を探すが、どうしても見つからない。。。 -.-;
   【スズメノエンドウ】と一緒に咲いていることが多いとのこと・・・
   もう一度、その場所に行って探すことにした。。。。
e0025300_20495285.jpg
e0025300_20502070.jpg

   探していたら、黄色い花が目に入りました。。。
e0025300_20514675.jpg

   【コメツブツメクサ】(米粒詰草)  <マメ科>の一年草
e0025300_20525767.jpg
   「シロツメクサ」や「ムラサキツメクサ」と同じ仲間の黄色版ですね。
e0025300_20534655.jpg
   目的の「カスマグサ」は、見つかりませんでした。。。
   この「スズメノエンドウ」より少し大きく、紫色の「筋」があるらしいですね。。。
e0025300_2121646.jpg

   ご近所のお庭や、通りの街路樹として 今・咲いてきた花・・・。
e0025300_1614886.jpg
  
   【ハナミズキ】 <ミズキ科>の落葉高木  花期・4~5月
e0025300_16145251.jpg
   白い花・赤い花・そして、ピンク色の花・・・。 それぞれ皆、綺麗です。。。
e0025300_16151812.jpg
e0025300_1616281.jpg
   花びらの様に見えるのは「総苞片」で、本当の花は中心にあります。
e0025300_16161964.jpg

   この花が、わが国に入って来たのは・・・大正時代。
   ワシントンのポトマック河畔にある「サクラ」を贈ったお返しとして渡来したとの事。
   別名で「アメリカヤマボウシ(山法師)」とも呼ばれていますネ。
e0025300_16165771.jpg

   サラサラと霧雨が、風に流れています。 肌寒いまで行かないが・・・。

   咲き始めた【都忘れ】の花も、「ちょっと・待つか…」と思案中?
e0025300_12254039.jpg
e0025300_12255967.jpg

   同じく咲き始めた【コデマリ】の花・・・。
e0025300_12264161.jpg

   【柏葉紫陽花】は「雨・大歓迎!」と、元気一杯・・・。
e0025300_12284616.jpg

   【ばら】【ツワブキ】の葉にも、水滴が・・・。
e0025300_12314612.jpg
e0025300_1232276.jpg

   【アザレア】【ヤマブキ】の花は、鮮やかな色に・・・。
e0025300_12345961.jpg
e0025300_12351875.jpg

   咲き始めた花、此処にも有りました・・・【すずらん】
e0025300_12363265.jpg

   雨が苦手な【ビオラ】にも、水滴が付いている・・・。
e0025300_12372799.jpg

   花後に大きくなってきた【すみれ】・・・鉢からこぼれそう。
e0025300_12384367.jpg

   蕾も膨らんできた【キンギョソウ】・・・。
e0025300_12393117.jpg

   今日は、一日中 こんな天気になりそうです。。。。
e0025300_12404470.jpg
     北海道の一部では「真夏日」だとか・・・。夏が北からやって来る? -.-);

   3年前に、家から一番近かった「里山」が子供の自然公園になってしまった。

   名前も「どんぐり山」になり、子供たちが 木の上に基地を作ったり・森の中を駆け回っている・・・

   以来、クマガイソウ・フジバカマ・トリカブト・フタリシズカなどが姿を消した。。。-.-);

   それでも 【アマドコロ】が、小さな<蕾>をつけていました。
e0025300_1394518.jpg

   【ジュウニヒトエ】は、花を咲かせていました。
e0025300_13104455.jpg
e0025300_13123377.jpg
   家で咲いている【アジュガ】とは、姿は同じでも花色が全然違います。
e0025300_13125851.jpg

   【ヤマジノホトトギス】も、多くの<芽>を出しています。。。
e0025300_13154869.jpg

   【破れ傘】も可愛い姿を見せていました。
e0025300_13171591.jpg

   【浦島草】の、姿も有ります・・・
e0025300_13182043.jpg

   【モミジイチゴ】も、減ってはしまったが残っていました。。。
e0025300_13201540.jpg
e0025300_13203690.jpg
   救いは、子供たちがこれ等の花々を摘んだり・踏みつけないように注意していた事。。。
   去年から、子供の安全のために「自然愛好会」の方が付き添い始めたからでした。

   こちら、東日本側では 見ることの少ない花・・・。
   【シロバナタンポポ】を、チェックしに 以前咲いていた場所に行ってみました。。。

   【カキドオシ】の花が、咲いていました・・・。
e0025300_14471450.jpg
e0025300_14475721.jpg

   【ハハコグサ】の花も、綺麗です。。。
e0025300_1449519.jpg
e0025300_14492537.jpg

   目的の 【シロバナタンポポ】は・・・?   ありました! 咲いてました!
e0025300_1450219.jpg
   去年よりも、株数が増えています。。。^^
e0025300_14511673.jpg
e0025300_14513248.jpg
   初めて見た時 「白いたんぽぽ!」っと感動したものでした。。。   撮る度に・・・
   「黄色いタンポポの方が珍しかった」と言った、西日本出身の後輩を思いだします。
e0025300_14555111.jpg

   里山も歩くと様々です。 人の通りの多い道…地元の人しか通らない道・・・。

   通り抜けできるのか…民家の脇を抜けるけれど此処は私有地なのか…

   そんな道を散策するのも、子供の頃に味わった「冒険心」が湧き・楽しいものです。

   この日は、いつもの道から脇道にそれて、そんな道を行って見ました。。。
e0025300_953454.jpg
   民家脇で 綺麗に咲いていた 【枝垂れ桜】が、この時期の里山を感じさせてくれます。
e0025300_956588.jpg
   道の真ん中に、緑色の草・・・  ありふれた光景なのですが・・・。。。
e0025300_9594977.jpg
   その草に近付くに連れて、目がどんどん大きくなってきました。。。
e0025300_1001426.jpg
   そうなんです、草だと思ったのは 【二輪草】でした。
e0025300_1023365.jpg
   少ないとは言っても、人も車も通るでしょうが、踏まれることも無く、花も咲いています。
   勿論・掘られて持ち去られる事も無くです・・・。 多分、毎年此処で咲いているのでしょう。。。

   竹林の脇道・・・落ちて積もった竹の葉を踏みながら歩いた道・・・
e0025300_108971.jpg
   直ぐ道の両脇に、何本もの 【竹の子】が、・・・盗掘される事も無く。。。
e0025300_1095134.jpg
   こういった光景こそが、「里山」本来の良さなんですよね~・・・。