カテゴリ:< 花写真 >( 34 )

散策をしながら撮り歩いた スミレ(菫)の花々
種類も多く・見極めも難しいのですが 何とか私なりに調べてみました・・・
もし・間違っていたらご指摘ください お願いいたします 025.gif

先ずは 葉が葵に似ている処からのスミレ・・・ アオイスミレ(葵菫)
e0025300_18195122.jpg
道端や野原で咲く・・・ ノジスミレ(野路菫)
e0025300_18253963.jpg
一般的に良く見られるのが タチツボスミレ(立ち坪菫)
e0025300_18285199.jpg
難航しましたが どうやらこれは コスミレ(小菫) の様です 045.gif
e0025300_18315331.jpg
白いスミレが 群生していました。。。
e0025300_18325247.jpg
このスミレは ニョイスミレ(如意菫)
e0025300_1833145.jpg
別名で ツボスミレ(坪菫) とも言われていますネ
e0025300_18375195.jpg
まだまだ撮ったスミレは有りましたが 判明したものだけをアップさせてもらいました・・・

この時期は「桜」が咲きだし 様子を見に行きながら花々を撮り歩くと・・・
在庫写真がどんどん増えてしまい ともすれば時期を逸してしまいそうになります
今日は 市内でも有名な 枝垂れ桜 をアップさせていただきます
e0025300_1535727.jpg
市外・遠方からも見物に来る人が多い枝垂れ桜 が2本ある「福星寺」(フクショウジ)
くぐる門の内側に見えた桜の花色は優しいピンク色をしていました
e0025300_1575540.jpg
親子桜と言われているその親の方は目通り3・3m 樹高14m 
e0025300_15234726.jpg
また子の方は目通り1・8m 樹高13m で樹齢は50年余りです
e0025300_15242747.jpg
親子同時に撮る事は 場所が狭くいろいろ試しましたが不可能でした 042.gif(手前が子・奥が親)
e0025300_15283710.jpg
e0025300_15285829.jpg
e0025300_1533911.jpg
e0025300_1534781.jpg
e0025300_1535318.jpg
e0025300_1535463.jpg
e0025300_153619100.jpg
e0025300_15372125.jpg
2年ぶりに撮った事も有りだいぶ枚数を撮ってしまった 006.gif
なおこの木の脇に由来の立札が有り それによると・・・
「元和二年(1616)四月、この砦跡に権僧都(ごんのそうず)宥照と称する僧侶によって福星寺が創 建されたとのことである。
このころ、親寺である金親(かねおや)村にある金光院の本堂の前に植えられていたシダレザクラを 株分けして頂き、親寺と同じ状態に福星寺に植えられたものと言い伝えられている。
その昔、元和元年十一月将軍徳川家康公が江戸から東金方面に鷹狩に来られた折、この金光院 に立ち寄られ、本堂の前のシダレザクラを見て、勿論その時は花は咲いていないが、将軍、これは 珍しい桜だとことの外、讃られ、しばしの間、この桜の木に手をかけられたとのことである。それから は、檀家の人たちは「お手かけの桜」と呼ぶようになったと伝えられている。
このような事から縁起をかついで福星寺の創建を記念して本堂の前に植えられた。」

最後に 親と子の枝垂れ桜の姿を撮り また来年訪れる事を約束しながら帰途に・・・
e0025300_15424014.jpg
e0025300_1543729.jpg

3月の声を聴くと「春」がず~っと近づいた感じがしますね 001.gif
今日はこちらはあいにくの雨模様でしたが「一雨ごとに春が近づく」と昔から言いますから 045.gif
雪にも負けず綺麗な花を咲かせ続けている ビオラ
e0025300_19494491.jpg
まだまだ我が家の庭では花が少ない時なので 鉢植えですが<彩り>としては貴重な花のひとつです

ムクドリ がやってきています・・・つがいなのか親子なのか兄弟なのか姉妹なのか。。。
e0025300_1953545.jpg
何かを見つけたように じ~っと 傍の木の枝を見上げています・・・
e0025300_19535990.jpg
すずめ さんが枝に止まっていた様で お友達になりたいのか傍に行きました。。。
e0025300_19551920.jpg
見つめ合ってる姿はまるで仲良く 会話をしている様にも見えました 006.gif

10年を超える「花写真」を撮って来たのだが何故かどうしても出逢えなかった花が有ります

その一つは セツブンソウ節分草
その花が咲いているから・・・とお仲間さんからの連絡をいただき早速お宅に伺った。。。
到着までの間・写真で見た花を思い浮かべながらワクワク感一杯で小走り状態・・・
案内されて咲いている 発泡スチロールの中を見てちょっぴり描いていたイメージと違っていました
e0025300_15295235.jpg
それは 花の大きさが思ったよりもはるかに小さかったからでした・・・
e0025300_15314865.jpg
こんなに小さい花だったとは思いもしませんでした 042.gif
e0025300_153571.jpg
2cm程の花は よく見るとなかなか綺麗です その綺麗さをアップで撮れなかったのが悔しかった
そのスチロールの中に見た事のない小さな白い花が咲いていました・・・
尋ねたら。。。 セリバオウレン(芹葉黄蓮) だとの事  これも初めての出逢いでした
e0025300_15423335.jpg
e0025300_1542527.jpg
e0025300_15443486.jpg
年の初めに初めての出逢い花を2種も見る事が出来た事に大満足・・・
長年・追い続けた節分草・・・半ばあきらめていたけれど諦めなくて良かった~ 001.gif

見慣れている水仙が 気持ちよさそうに咲いていた
e0025300_1644114.jpg
今年は暖かで穏やかな3ヶ日でした・・・
e0025300_1675990.jpg
家にも有る水仙だが蕾さえないのに 日当たりの良い所・・・もう咲いていました 001.gif

昨日は子供たちが集まっての新年会・・・皆元気に生活しているようだ
元気いっぱいの孫たちも久しぶりの再会で 賑やか・賑やか・・
042.gif
e0025300_16121517.jpg
日本水仙  冬から早春にかけて咲く ヒガンバナ科の多年草
花弁は6枚 花の中央部に副花冠がある 園芸種の花も多く有る ナルシストの語源の花ですネ006.gif

今年も余すところ あと1日となりました・・・
様々な事が有りましたが 無事に新年を迎えられそうです 006.gif

今年もまた 例年通り シクラメン を玄関に飾り新しい年を迎える事にしました
e0025300_16501170.jpg
毎年・この花をアップする事でその年の終了とさせていただいています
この一年ご訪問いただいた方々には心より御礼申し上げます ありがとうございました
来る2014年が 皆様方にとって輝かしい年になりますように・・・ 001.gif

先日アップした タイサンボク(泰山木) の蕾の後 近所のお宅で開花していたものが有りました
お庭の中でも一際高い木・・・白い大きな花が咲いていました
e0025300_12432345.jpg
花弁が落ちた後の姿も 花の右側に見られます・・・
e0025300_1245659.jpg
<モクレン科>の常緑高木  大きな花で香りも良いとの事
高い場所で上向きに咲いている花なので この香りを確認するのは難しいですネ 042.gif

More  ★★★ スカシユリが綺麗でした★★★
数年前・植物園で植えられた数メートルもある高い木・・・
5月になってその木に黄色い藤に似た花が咲いた・・・その木が 金 鎖(キングサリ) と言う木だった

以来・開花時期に訪れては 写真を撮っていたこの木が 近所でも見られる事がわかった 005.gif
小木の頃には 生垣の中で咲いていた様で見えなかったが 成長してきてわかったのです

今では 屋根ほどまで伸びた その木に花が咲きだしました・・・
e0025300_11165335.jpg
最上部の方から 黄色い花が滝の様に垂れ下がり 金の鎖がぶら下がっている様に見えます
e0025300_11194262.jpg
庭で作業中の 息子同士が同級生だった家人に「見事なキングサリですね~」と声をかけると
「ご存じでしたか 皆さんは黄色い藤だと言っておられる様ですが・・・」
e0025300_11242471.jpg
聞くと名も知らず こんなに背が高くなるとは思わず 花が気に入って植えてしまったとの事
もう少し・もう少し高く・・・と思って伸ばしているうちに こうなってしまった>と言っておられました
e0025300_11322630.jpg
見る者には素敵な花なのですが こうなると倒れない様に足場を固定するのも大変のご様子でした
e0025300_11332590.jpg
<マメ科>の落葉小高木 なのですが 上部を小まめに詰めていないと高木になってしまう様です
e0025300_1140546.jpg
今では 毎年近所の方々にも楽しみにされてしまい 今さら切るに切れない状況だとか・・・
そして・上部の剪定も足場を組まねばならず 業者に依頼しなければ もう自分ではとてもできない事態・・・
一緒に見上げながら ぽつりと「いったいどこまで伸びるんでしょうね~・・・」
この木は放って置けば 7~8mにはなるらしいが このご主人いったいどこまでガマン出来るんだろう?
025.gif
この時期に咲く 好きな花があります・・・カタクリ

初めて出会った時 その姿に感動を覚えたものでした  そして今年も又・今日その姿に出逢ってきました
e0025300_22345418.jpg
自然を多く残した この公園のあちこちに点々と 咲いていました
e0025300_22364684.jpg
e0025300_22365696.jpg
シクラメンの花のような咲き方をしていますが 単独で咲いていてシャープな感じがたまりません
e0025300_22384519.jpg
花色も透明感がある紫色・・・何となく気品さえ感じてしまいます
e0025300_22411248.jpg
e0025300_22413916.jpg
長い期間を経て花を咲かせるだけに 大切にしなければいけない花ですネ 045.gif
e0025300_22443472.jpg
e0025300_22444646.jpg
e0025300_22451122.jpg
様々な角度から 時間を忘れて撮っていても 全く飽きることのない花・・・

今年も 綺麗で素敵なこの花に出逢えたことに感謝したい気持ちです

             あっという間の2時間 ・・・・・・・・・・・

名残惜しかったのですが また来年までお別れです  今日は本当にありがとう!
e0025300_22495821.jpg

桜の時期になると 市内にある「福星寺(フクショウジ)」が賑わいます・・・

近郊から 枝垂れ桜 を見物に来る人が後を絶ちません
e0025300_20452877.jpg
元和元年(1615年)11月に徳川家康公が鷹狩りに来たおり金光院(福星寺の親寺)へ立寄り
本堂の前のしだれ桜を見て「これは珍しい桜だ」と言い ことのほかたたえて
桜の木に手をかけられたことから 檀家の人達が「お手かけの桜」と呼ぶようになったと言われています
縁起をかついだ福星寺は金光院のしだれ桜を株分けしてもらい 創建を記念して本堂の前に植えたと言う
e0025300_20511147.jpg
e0025300_20513411.jpg
この しだれ桜は樹齢約380年余りで 周囲3.3m・樹高14m程
e0025300_20534325.jpg
e0025300_20541183.jpg
今年は 少し早く開花した様で だいぶ花弁が散って 木の周りに落ちていました