カテゴリ:< 自然散策 >( 442 )

心地よい風・少しだけ汗ばむ日・・・出掛けてみました

しばらく来ていなかったが すっかり田んぼには苗が植えられていた・・・

e0025300_2138890.jpg

春を告げた「タンポポ」も 綿毛になって新天地への旅立ち準備完了・・・

e0025300_2139462.jpg

タンポポに似た花で背の高い花が咲いていました 豚菜(ブタナ) です・・・

e0025300_21462617.jpg

群生していることの多い花 別名で「タンポポモドキ」・・・ブタナよりもこちらの名の方が。。。

e0025300_21484624.jpg

光沢のある黄色い花が咲いていました  これは 馬の脚形(ウマノアシガタ)
でした

e0025300_2151528.jpg
e0025300_21521519.jpg

この花の別名は「キンポウゲ(金鳳花)」とも呼ばれています

e0025300_21543491.jpg

だいぶ日差しも強くなったので 林の中を歩く事にしました。。。


地面に張り付くかの様に生えていた草に青紫色の花が咲いていました

金瘡小草(キランソウ)   <シソ科>の常緑多年草   唇型の青紫色の花を咲かせます

e0025300_20162075.jpg

別名・「地獄の釜の蓋」・「こうぼうそう(弘法草)」・「いしゃごろし(医者殺し)」等とも呼ばれます

e0025300_20212773.jpg

咳止めや健胃薬の漢方薬として利用もされてきました

e0025300_20243384.jpg

そういえば我が家で咲く「アジュガ」の別名が「西洋金瘡小草」と言う・・・

すっくと立ち上がるか地面に張り付くかの違いはあるが…葉や花の形・色はそっくりです


以前・自然公園まで行って撮った ムラサキケマン がたくさん咲いていた

e0025300_2018363.jpg
e0025300_20185058.jpg

わざわざ遠くまで行かなくても 身近なこんな場所に・・・と言う場所

我が家の野草エリアに植えてみようと3株ほど持ち帰る事にした emoticon-0105-wink.gif

e0025300_20212833.jpg
e0025300_202243.jpg
e0025300_20222929.jpg

散策をしていたら アオキ の花が目に入った・・・

e0025300_20112815.jpg

アオキの花は雌雄異株です  この木は去年の実が残っている雌株

雌株の花は小さくまとまった感じのする花

e0025300_2014696.jpg

一方雄株は大きく広がった感じがしています

e0025300_20154292.jpg
e0025300_2016068.jpg

花はあずき色をした4弁花をしています  探してみたらありました

e0025300_20181750.jpg

まだ咲き始めたばかりで花数は少ないのですが

ついている蕾がそれぞれ花開くと 実に沢山の花を付けます

e0025300_20195287.jpg

野草の中には長い期間咲いていて見慣れた花が有る・・・

そんな花も 年が明けてから見ると新鮮に見えるものですね。。。

e0025300_20252230.jpg

道路脇で咲いていた タンポポ (セイヨウタンポポ)

春も半ばになると もう見慣れてしまって撮影はついついスルーしてしまう emoticon-0101-sadsmile.gif

石垣脇で咲いていたのは 苦手な極小花の 胡瓜草 (キュウリグサ)・・・

e0025300_20312043.jpg
e0025300_20314790.jpg

以前は「蕾」がほぐれて花を咲かせる様を撮ったものだった

今は咲いた花を撮るのが精いっぱいといったところ・・・それも接写するまでも無くなった

e0025300_2035421.jpg

ピンク色の花で面白い花だなぁと夢中で撮った 仏の座 (ホトケノザ) も然り・・・

e0025300_20384890.jpg

一休みと座ったベンチの足元で咲いている・・・

e0025300_20405431.jpg

以前だったら しゃがみこんで接写をしまくったものだった。。。

e0025300_20422635.jpg

10年以上も「花写真」を撮り続けたので飽きが来たわけではないのだが

ただ 目新しい花・珍しい花・咲き方が楽しい花 といったものを望みすぎてしまっている自分がいる

見る花・見る花をひたすら撮りまくっていた頃の自分を懐かしく思う事もある昨今です。。。emoticon-0141-whew.gif


「お花見」が絶好の日になるはずだったのに 今日は朝から雨・・・

窓から見える華やかだった桜の花も雨に打たれしょんぼりしているかのようです

今日は先日散策で出逢った野草の花々をアップする事にしました emoticon-0144-nod.gif


この日歩いた道はこんな処・・・道の両側に咲いている花を探して進んでみました

e0025300_1145296.jpg

最初に出逢ったのは 頭頂に薄紫色の細いラッパ状の花をつけていた

次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク) <ケマンソウ科>の多年草

e0025300_11471430.jpg
e0025300_11531947.jpg

名前は伊勢地方の方言からで スミレを「太郎坊」・この花を「次郎坊」と言うからとか

同じ様な花が咲いていました 頭頂の花数がより多く色も濃いめの花です

e0025300_121362.jpg

同じ仲間の 紫華鬘(ムラサキケマン) <ケマンソウ科>の越年草

e0025300_1242946.jpg
e0025300_124521.jpg

両花は良く似ていて単体だと迷うこともありますが「葉」が全く違います

ムラサキケマンの葉は 小葉が細かく裂けているので案外見分けは簡単です

昨日アップした フラサバソウ が ここにもたくさん咲いていました

e0025300_12141443.jpg
e0025300_12144132.jpg
e0025300_121536.jpg

花ではないがその姿が可愛いと人気の 破れ傘(ヤブレガサ) も見る事が出来ました

e0025300_12175939.jpg

夏ごろに花を咲かせますが 若葉のこの姿ほど人気も無くカメラを向ける人は稀です

もしかするとヤブレガサの花が咲いていても 分からない人が多いのではないでしょうか・・・emoticon-0101-sadsmile.gif

もう少しすると何とも異様な花を咲かせる 浦島草(ウラシマソウ) の葉が顔を出していました

e0025300_12294678.jpg

最後にこの道で一番多かった 八重葎(ヤエムグラ) の花を撮ってみました

e0025300_1243151.jpg

草は一面に生い茂っていて 緑一色・・・花はたくさん付いていますが全然と言っていい程目立ちません

e0025300_1243455.jpg

頭頂や葉脇に白い花を咲かせますがこの花もとにかく小さい・・・emoticon-0141-whew.gif

そこで別持参したコンデジのズーム機能に切り替えて接写してみました

e0025300_1252946.jpg
e0025300_12523247.jpg

散策中に足元で咲いていた花がありました・・・

あちこちで咲いている「オオイヌノフグリ」に似ているのだが感じが少し違う

e0025300_1217933.jpg

花は少し小さめで色もコバルトブルーと言うほどでも無い

かと言って「タチイヌノフグリ」程 花は小さくない 丁度 中間くらいの大きさだ・・・

そして よく見ると 何だか毛のようなものがついている・・・

だとすれば フラサバソウ ということになる

久しぶりの出逢いになる花です emoticon-0144-nod.gif

e0025300_12191475.jpg
e0025300_12195022.jpg

<ゴマノハグサ科>の多年草 帰化植物のひとつ 特徴は全体に毛が目立つ事

e0025300_1230889.jpg
e0025300_12304371.jpg

散策していたら足元で咲いていた花。。。

e0025300_1739223.jpg
e0025300_17394438.jpg

トウダイグサ・・・東大・燈台ではなく 灯台草

灯明を置く「灯台」に花が似ているところからの名前

e0025300_17404835.jpg
e0025300_17411117.jpg

別名で「スズフリバナ」とも言う <トウダイグサ科>の一年草

e0025300_17471859.jpg
e0025300_17475229.jpg

茎を折ると乳白色の汁が出て来ます  

口にすると口内炎や嘔吐・腹痛などになる事もある「有毒植物」のひとつ

その一方で<薬用効能>をも持つ植物でも有るようです

e0025300_17553878.jpg

仲間の「高灯台」にはよく出逢うのだが この花には久し振りに出逢った気がしたemoticon-0144-nod.gif 


里山を今散策をすると 白い花が目立ちます・・・

辛夷(コブシ)咲く あの丘 北国の 北国の春~ と歌われる花・・・

e0025300_16145620.jpg
e0025300_16152767.jpg

あちらこちらの山あいで多くの花を付けています

e0025300_16184497.jpg
e0025300_1619388.jpg

暖かいこの日 あちこちで目についたのは キツネノカミソリ の葉の緑でした

e0025300_13162684.jpg

思わず目が言ったのは木の根元に有った サルノコシカケ ・・・

e0025300_1318548.jpg

歩いている道に落下した ヤブツバキ の花弁が散っていました

e0025300_1234211.jpg

その上を見たら いくつもの綺麗な赤い花を付けていた

e0025300_12361362.jpg
e0025300_12363278.jpg

剪定されることも無く思いっきり自由に花を咲かせている様は自然ならではだ

e0025300_1238385.jpg

道脇で咲いていたピンク色の 馬酔木 は園芸種・・・

e0025300_12402389.jpg
e0025300_12404361.jpg

いつ・何処からここに根を張ったのだろう? すっかりなじんでしまっている

e0025300_1242219.jpg
e0025300_12424145.jpg

寒風にさらされ冬を過ごした 紫陽花 も新芽を出して今年もまた花を咲かせようとしていた

e0025300_12445270.jpg

まだ綺麗な花を咲かせていたのは 水仙 ・・・

e0025300_12462996.jpg

先ほどのピンク色とは違う 自然で咲く 馬酔木 も有りました

e0025300_12491439.jpg

この里山散策コースに有る 唯一の閑静な民家がゆったりとした気分にさせてくれます

e0025300_1361097.jpg

里山周辺を一回りして 自然公園に到着。。。黄色い花 サンシュユ が見頃を迎えていました

e0025300_12515380.jpg
e0025300_12524320.jpg
e0025300_1253223.jpg

間もなく開花するだろうと思われる 寒緋桜 の蕾が大きく膨らんでいました

e0025300_12553658.jpg
e0025300_12555715.jpg

毎年この公園に撮りに来る ハクモクレン も蕾をたくさん付けて開花の近づきを感じさせます

e0025300_12583760.jpg
e0025300_12585649.jpg
e0025300_12591954.jpg

傍の木に コゲラ を発見! 盛んに幹を突いていました

e0025300_1305685.jpg

桜満開の時には 花に囲まれて絶好のポイントになる休憩所も今はまだ静かです

e0025300_13235990.jpg

間もなくやって来るだろう「お花見」風景を想像しながら 今回の散策を終了しました emoticon-0105-wink.gif