カテゴリ:( 自然散策 )( 444 )

爽やかな秋風に誘われ ご近所で生っている実を撮りに出掛けてみた

多くのお宅で見られたのは 赤い実をたくさん付けている ピラカンサ

e0025300_16255328.jpg
e0025300_1626227.jpg
e0025300_16264759.jpg

青空の下 ザクロ の実がだいぶ大きくなっていたお宅

e0025300_16292422.jpg
e0025300_16295044.jpg

フェンスから 色付きはまだでしたが ムベ も顔をのぞかせていました

e0025300_16321951.jpg
e0025300_1633277.jpg

色づいてポツンと残されていたのは イチジク ・・・  

e0025300_1636713.jpg

いつもの様に鮮やかな紫色の実をたくさん付けていたのは コムラサキ

e0025300_1638633.jpg
e0025300_16382781.jpg


前回の里山周辺散策は5月22日だったから4ヶ月ぶりという事になる

こんなに間が空いたのは散策を始めてから初めてだ

股関節が歳と共に痛み・・・歩行に支障をきたしてしまったのだ

天候は曇り・時折霧雨が降るという悪条件の中 足慣らしを兼ねて 出掛けてみた

e0025300_1814297.jpg
e0025300_18145149.jpg

ゆっくりと歩を進める林縁の道で咲いている 露草 を始めとする花々が・・・

e0025300_18583944.jpg
★キツネノマゴ
e0025300_18383889.jpg
★ハキダメギク
e0025300_1839288.jpg
★イヌタデ
e0025300_18392857.jpg
e0025300_18394468.jpg
★シラヤマギク
e0025300_1840351.jpg
e0025300_18402534.jpg
★ヨメナ
e0025300_18404772.jpg
★アキカラマツ
e0025300_1841592.jpg
★コセンダングサ
e0025300_18425044.jpg
★アメリカセンダングサ
e0025300_18432775.jpg

通常であれば じっくりと何枚も撮るのだが今日はあくまでも様子見。。。

どの位歩けるかを試しているので 花撮りは二の次にした

結果・2kmが限度・・・歩き方が変だったのだろう 外腰骨が痛くなり引き揚げる事にした

これに懲りる事無く 徐々にだが別エリアにも挑戦してみようと思っています


里山脇の雑草の中に紫色の花を見つけた キキョウソウ に似た花だ

e0025300_20491430.jpg

ソバナ にも似ている・・・

e0025300_20585362.jpg

ネット図鑑で調べながら写真と比較してみた どうやら ハタザオキキョウ でいいようだ。。。

e0025300_20591667.jpg
e0025300_20582999.jpg

田んぼ付近で目に付いて多かったのは 毛狐の牡丹(ケキツネノボタン) でした

e0025300_17135333.jpg
e0025300_17204784.jpg
e0025300_17242951.jpg
e0025300_17254357.jpg

こちらの黄色い花は 犬芥子(イヌガラシ) の様です

e0025300_1735731.jpg

今回の散策は青空の広がった好天気に恵まれました

e0025300_1740452.jpg

最後に里山の風景写真を撮っていたら 鳥が飛んできました。。。 アオサギ・・・

e0025300_17414927.jpg

里山の林縁に沿った道を歩いていたら 道脇の木に白い花が咲いていました

e0025300_20342859.jpg
e0025300_2034596.jpg

♪♪ 卯の花の匂う垣根に 時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて・・・と歌われる ウツギ です

e0025300_20424568.jpg
e0025300_20365840.jpg
e0025300_20372031.jpg
e0025300_20424568.jpg

田んぼの脇でもたくさんの花を付けた木が有りました

e0025300_2048898.jpg

こちらの白い花の木は ここ里山ではよく目にすることが多い ガマズミ

e0025300_20525798.jpg
e0025300_20531920.jpg

シベが長い・小さい花がたくさん集まって一つのかたまりになっています

e0025300_20564870.jpg
e0025300_20571636.jpg

夏が終わる頃には花の数だけの赤い実をそれは見事なほどに実らせます

間もなく花を咲かせるはずの 吊り花(ツリバナ) はまだ丸い蕾の状態でした

e0025300_2131678.jpg

特に目新しい花に出逢う事も無く 歩きながらの「野草撮り」

ひょろ長~い花柄の先で黄色い花を咲かせていたのは もちろん 豚菜(ブタナ)

e0025300_14524065.jpg

家の庭で1本・2本と咲いている花 庭石菖(ニワゼキショウ) がまとまって咲いていました

e0025300_14565168.jpg

筒状花だけで舌状花が無いので 父子草擬き(チチコグサモドキ) でしょうか。。。

e0025300_1501746.jpg

同じく庭でも見られる 赤花夕化粧 の花・・・

e0025300_1531499.jpg
e0025300_1533218.jpg

数多く咲いている中に 白い花が有りました 005.gif

e0025300_1555418.jpg

「白花夕化粧」?  やはり「白花の赤花夕化粧」と言えばいいのでしょうかね~?

e0025300_1583884.jpg

白詰草程ではなかったが 赤詰草とも呼ばれる 紫詰草(ムラサキツメクサ) も有りました

e0025300_15113838.jpg
e0025300_15115920.jpg

もちろん今一番多かったのは 姫女苑(ヒメジョオン) でした

e0025300_1516756.jpg
e0025300_15163232.jpg

吸蜜中の蝶は アオスジアゲハ 飛んでる時は早くて撮れないのだが・・・

アゲハチョウと言えば ジャコウアゲハの幼虫食の ウマノスズクサ が有ったがこの辺りにいるのかな~?

e0025300_152318100.jpg

林縁を歩くと田に水を引き込む側溝が有ります

そんな処でひっそりと咲いている野草が有ります

葉の下に並んでぶら下がって花を付けている 鳴子百合(ナルコユリ)

e0025300_20122813.jpg
e0025300_2012507.jpg

側溝の上に覆いかぶさるような姿があちこちに見られます

e0025300_20143667.jpg
e0025300_20145489.jpg

そんな中で毎年決まった場所に一際大きな葉のナルコユリが有ります

e0025300_20164115.jpg
e0025300_20182974.jpg

葉は通常のナルコユリよりも倍近い大きさの 大鳴子百合(オオナルコユリ)

ついている花も大行列と言った感じでたくさん並んでいます

e0025300_20211517.jpg
e0025300_2023031.jpg

側溝脇で白い花をチラチラ咲かせていたのは 雪ノ下(ユキノシタ)でした

e0025300_20252346.jpg
e0025300_20254649.jpg

ここではもう盛りを過ぎていましたが 別のこちらではたくさんの花が。。。

e0025300_20271351.jpg
e0025300_20273514.jpg

今回の散策で一番多く出逢った花は 吸い葛(スイカズラ) でした

e0025300_15101126.jpg
e0025300_15103028.jpg

歩く先々に白い花と黄色い花がそれぞれ2つづつ並んで咲いています

e0025300_15115016.jpg
e0025300_1512823.jpg

別名で「金銀花(キンギンカ)」ともよばれる 半落葉つる性木本です

花は5つに分かれていて4つは上側に 1つは下側に反り返っている

e0025300_15195984.jpg

花の咲き始めは「白色」・やがて「黄色」になって行く。。。

それにしても 今年はやけにこの花が目立つ気がするのだが思い過ごしなのだろうか?

e0025300_1522458.jpg
e0025300_15222317.jpg
e0025300_1523188.jpg

e0025300_17124984.jpg

カラッとした好天気・・・気分よく散策が出来ます

もうすっかり田植えも終わった田の周辺を歩いてみました。。。

e0025300_1715226.jpg

あぜ道などで兎に角目立っているのは 白詰草(シロツメクサ) でした

e0025300_17173159.jpg

別名の クローバー の方が一般的でしょうか。。。

e0025300_17185961.jpg

子供の頃「四葉のクローバー」探しをした事のある人も多いのでは?

e0025300_172035100.jpg

そしてこの花の咲く処には<寄生植物>の 痩靭(ヤセウツボ) が良く見られます

e0025300_17234864.jpg
e0025300_17292778.jpg

葉緑素をもたないため全体的に褐色で花は唇形をしている<帰化植物>です

e0025300_1729645.jpg

ニョキニョキと生えていた 大葉子(オオバコ) にも小さな小さな花をたくさん咲かせていました

e0025300_17342541.jpg
e0025300_17345259.jpg

この日はルーペを持参しなかったので観察できなかったのが残念でした 042.gif

e0025300_17363162.jpg

小型の<ススキ>と言った感じの (チガヤ) も目につきます 真っ白な穂が風になびいています

e0025300_17425622.jpg
e0025300_17431627.jpg
e0025300_17443519.jpg

この先は里山の林縁を歩いていて出逢った花をアップしたいと思います


電車が通り過ぎて行く向こう側・・・今回の散策コースです

e0025300_1354191.jpg

線路の下をくぐろうとした時 丁度・特急列車が通過するところでした

e0025300_13561595.jpg

「頭上注意」の低い通路を抜けると 先ず目に入ったのは 綺麗に咲いていた キショウブ

e0025300_13585239.jpg
e0025300_13592989.jpg

この場所は もう使われなくなった田んぼ(休耕田)の中です

e0025300_1411849.jpg

道を挟んだ右側の休耕田の中でも咲いているキショウブが見られました

e0025300_1424947.jpg

歩き始めると長い茎が絡み有った中に黄色い小さな花が咲いているのを見つけた

e0025300_144082.jpg
e0025300_1442699.jpg

この小さな花の名は 垣根芥子(カキネガラシ) と言います

e0025300_1474729.jpg

四方八方に伸ばした茎の先に咲く花は本当に小さい花です

そして足元の至る所で白い小さな花を付けていたのは 豆軍配薺(マメグンバイナズナ) たち

e0025300_14134482.jpg
e0025300_1415415.jpg
e0025300_1416812.jpg

小さい花に苦労しながら撮っていたらいきなり「ばった」が 花に飛びついてきた

e0025300_14182978.jpg