2018年 01月 12日 ( 1 )

強烈な寒波によって雪の被害が各地でおこっている

父母の生地の新潟豪雪地帯で生まれた私・・・
生まれて直ぐに京都市に移ったので雪の怖さは余り知らない
屋根の雪下ろしの苦労話は父母に聞いた覚えはある
雪国に住む者にとっては一番の労働だったようだ・・

私にとっての「雪」と言ったら
一面の銀世界の美しさ・スキー遊びに興じられる羨ましさ・・・になる
そこに生活を強いられる事の無い者の気楽さからと言えるだろう

父の転勤でこの地(千葉県)に移り住んだ時。。。
海に近く比較的暖かな気候で降雪から解放された母・・・
雪が無いって本当にありがたいね~」と言っていた事が思い出される
子供の頃・冬の間中「雪」に相当悩まされ続けていたのだろう

近年は特に地球温暖化のせいなのだろうか昔に比べて降雪が少なくなった
降雪と言ったら年に2・3度・・・積雪に至っては有るか無いかといった程度だ
年齢を重ねた今・温暖地域と言われるこの地に住む事が出来た事は
生活するにしろ・体力的な事においても私にとってはありがたい事となっている

まだまだ<雪予報>は続いています
対象地にとってはこれ以上の被害が無い事を祈るのみです

玄関先で暮れに据えたシクラメンの花が元気に咲いています
近年は品種も増え様々な<シクラメン>が見られますネ
私にとってはやはり平凡でも馴染みあるこの花が一番しっくりします

e0025300_22292136.jpg
e0025300_22294031.jpg