2017年 07月 01日 ( 1 )

先日来・散策意欲の無い日々が続いていた

<股関節>に支障をきたし このうっとおしい気候のせいだと思っていた

人間ドックも無事クリアした事もありそろそろ活動を開始しようと思い

8年ぶりに「整形外科」に改善相談に行くことにした・・・

常々「少しでも歩かないと車椅子の生活になるから歩いてきたら?」との家内からの言葉も有った

知人がリハビリで通っていて調子がいいと言う 以前とは違うクリニックを訪れた。。。

問診票に今までの経緯・現在の様子を記入 順番を待って医師の前に座った

痛みの場所を触診・・・さほどの激痛も感じずレントゲンを撮る事になった

一通り撮影が終了し 再び医師の前に座った

目の前には今撮ったばかりの写真が有る。。。

どんな話になるのだろう・・・そしてどんな治療になるのだろう? 医師の顔を見た・・・

その顔は心なしか憐みに近いそれでいて微笑み?が伺えた。。。 ?????

開口一番「良く歩けているネ 先天性股関節症の末期的症状に間違いないネ」

写真を見ながらの説明によれば 右側股関節がもう<球形>をしていなく崩れているとの事
それをかばっている左側も通常の人に比べて だいぶ変形しつつある状態だとも言う

此処からは医師との一問一答・・・

「どういう事でしょうか?」
「処置のしようが無い状態という事ですネ」
「・・・・・」言葉も出ずに困惑する。。。
「選択は2つに一つ・人工股関節手術をするか放っておくかだネ」
「・・・・・」余りの言葉に再び言葉が出なかった
「8年前に掛かった時に手術の話は無かったの?どんな治療だった?」
「手術の話は無く赤外線治療と軽いリハビリ運動でした」
「その時にどの位の状態だったかわからないから何とも言えないんだが・・・」
(筋力のあるうちはカバーされているが 歳と共に筋力が落ちてくると症状が出て進行も早まるらしい)

「手術したら歩けるという事なんですか?」
「もちろん歩けるようになるけれど・・・お歳なのでリスクも大きいかな?」
「リスク?」

説明によると術後に左右の足の長さが3~5cm程・異なる事
かばう今の左足に負担が生じ いずれ近いうちに人工股関節にしなければならなくなるだろうとの事

「放っておくという事はどういうことでしょうか?」
「日常生活に今ことさらの支障が無いなら痛みとの戦いになるという事」
「自宅での生活ではまだ差し障りは感じていません」
「痛みで動けない事は無いんだネ?」
「はい・少しでも動いて筋力を付ける様 散歩を心掛けています」
「ダメダメ 散歩は即・止めなさい 歩いた分だけ悪化させてる事になるから」
「歩くなってことですか?」
「そう・歩かなければ症状が悪化進行をしないからネ」

痛みを感じるほど歩くという事はそれだけ悪化させているからだと言い長時間・長距離の歩行はやめる事
今迄の様に痛み止めを飲んでまで歩くなんて「もってのほかだ」とも言われた。。。
どうしても歩かなければならない時は負担を掛けない様にを使用しなさい」とも言われた
リハビリ運動やマッサージ治療など何もする事は無いと言うより出来ない状態だったのだ・・・
歩いて筋肉を付けようとすれば 筋力が付く前に かえって股関節には逆効果になるとも言われた

結果・今日のところは 止む無き出掛け用にと<痛み止め>の薬を出されるだけだった・・・
次回は薬が無くなったら来なさいとの指示・・・されど薬の服用はなるべく避けた方がいいとも・・・
痛みを感じずつい調子に乗って歩き回る可能性が有るからだと言う
先生からのアドバイスは歩かず筋力の低下を防ぐ足運動のしかた位だと教わって帰ってきた。。。
「え?歩いちゃいけなかったってこと?だからもっと早く見てもらえと言ったじゃない」と家内・・・

相談をし とりあえずはこのままで行くことにし 自宅でのんびり庭いじりをする事にした
これによって 残念ながら花撮影などで出掛ける事はもう出来なくなってしまった。。。
これからは野山で咲く花々の様子はブログ散歩で楽しむ事にします・・・

今日会った事はすべて夢であったと思いたい・・・だが現実!
知ってしまった以上はこの難題に向き合って生活せざるを得ないのだから努力しようと思う
歳をとって行くってことはこういうことなんだろうなぁ~とつくづく思った日でした

今日は長い事お付き合いいただきありがとうございました <(_ _)>

花写真が無いのも寂しいので庭で咲く メドーセージ の写真を添えておきます

e0025300_1922675.jpg