「カノツメソウ」

   こちらは、9月になった途端に「30度」を超える陽気になっています。

   今・里山の林縁を歩くと、一番目に付く花・・・【カノツメソウ】(鹿の爪草)
e0025300_14503256.jpg
   <セリ科>の多年草  別名「ダケゼリ(岳芹)」  花期・8~9月頃
e0025300_14522015.jpg
   細い茎の先の<複散形の花序>に、白色の小いさい花を多数つけています。
e0025300_1452468.jpg

   名前は「根」が鹿の爪に似ているところから 付けられた・・・。と、もう一つは、
   葉の3出複葉が「鷹の爪」に似ているので「タカノツメソウ」で、「タ」が抜けた・・・。
   
   (似た花に「ヒカゲミツバ」と言うのがあるそうです。。。)
by yaso-bana | 2008-09-02 14:58 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/8555521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nonbirimay at 2008-09-02 19:35
根が鹿の爪に似ているのですか!初めて聞く名前です。
小さい白花なのに綺麗に撮れていますね。
Commented by yaso-bana at 2008-09-03 00:07
<may>さん、こんばんわ~。
私も、根を抜いて見ていないので確認できていません・・・。
今度、確認してみて 報告したいものです。
Commented by goldpony767 at 2008-09-03 05:38
鹿のつめ といわれても頭に思い浮かばないのです。
面白い花 名前を有難うございます。
Commented by yaso-bana at 2008-09-03 23:39
<蛙太郎>さん、こんばんわ~。
鹿の爪・・・2つに分かれていたと思いました。
その形に似ているそうなので、ぜひ近々見たいと思っています。