「ホタルブクロ」・・・

   近所のお宅で咲いていたこの花を見たのは数年前。。。
   形も整っていて、釣鐘のようにぶら下がって咲いている姿が印象的でした。


   「里山」散策」で花探しをしはじめて、本来は自生している花と知りました。
e0025300_1272275.jpg
   初めて「里山」で出逢った時は、まだ・庭から逃げ出した花かと思っていた程でした。

   今回の散策では、時期がよかったのか、各所で花を吊り下げていました。
e0025300_129559.jpg
   何度出逢っても「良く此処で咲いていてくれたね」と声を掛けたくなるほど嬉しくなります。
   庭等で咲いている花に比べると、色は薄いのですがそれが又「野性の花!」に見えます。
   日当たりの良い所に顔を出した子は、いい色で咲いています。
e0025300_1214862.jpg
e0025300_12143265.jpg
   段々と里山の林縁の「ホタルブクロ」は、減ってきているのも事実です。
   翌年・この咲いていた場所に姿が無いときは悲しくなってしまいます。
   今日・出逢ったこの子達も又、来年出逢えるといいのですが。。。
e0025300_1223947.jpg




e0025300_1224865.jpg
   花はこのような花でしたね・・・
e0025300_12374293.jpg

by yaso-bana | 2008-06-26 12:38 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/8198252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 五郎 at 2008-06-26 19:00 x
まるで園芸品種のように見えますね、僕も庭から脱走したものとばかり
思っていました、それに花やさんでも咲いてるのを売ってたりしましたから、
いろんな色のが出回ってきてるけどあれは人工的に改良したもですよね?
Commented by yaso-bana at 2008-06-27 12:17
<五郎>さん、こんにちわ。
同じ様に思われていたんですね・・・安心しました。
この花も、「ヤマホタルブクロ」と言うらしいのですが・・・
「ホタルブクロ」との違いは<副蕚>に有るようです。
ややこしいし、専門書ではないので、総称の「ホタルブクロ」としておきました。