「マムシグサ」

   木立の下に、立っていました。 長いヒゲが無いのと両手を広げた様な葉茎が2本・・・

   【マムシグサ】(蝮草)  <サトイモ科>の多年草  花期・5~6月頃
e0025300_1191470.jpg
e0025300_1110038.jpg
   この「マムシグサ」・・・花のように見えるのは「仏炎包(ぶつえんほう)」と言い,
   この色が緑色のものは「関東蝮草」,紫褐色のものは「紫蝮草」というようです。
e0025300_11165073.jpg
   名前は、姿もですが「茎」に付いている模様が、蛇の<まむし>に似ているから・・・。
e0025300_11205819.jpg
   「仏炎包」を持ち上げて、中を覗いてみました。。。
e0025300_11231467.jpg
   草の中から頭を持ち上げていましたが、いかにも<まむし>が居そうな場所です。。。
e0025300_11243598.jpg

by yaso-bana | 2008-05-08 11:39 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/7896436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by goldpony767 at 2008-05-09 06:04
まむしぐさ、異様な感じがしますが、別に悪い事をするわけでもなし。
カラスビシャクみたいな感じですが、大きさが違いますね。
Commented by とんとん at 2008-05-09 09:29 x
緑の関東マムシ草は綺麗だな~と思います。

マムシ草の中の付属体は苞が緑でも白と思っていたのですが、緑のものを見つけ写真に撮りました。
緑から白に変わるのでしょうか、それとも個体差なのでしょうか。
Commented by yaso-bana at 2008-05-09 10:45
<蛙太郎>さん、こんにちわ。。。
この花・名前が別だったら、どうだったでしょうね? 
カラスビシャクは、これを細くした感じの花ですよね。。。
Commented by yaso-bana at 2008-05-09 10:59
<とんとん>さん、こんにちわ。。。
中を余り覗いていないので・・・。 気が付きませんでした。
この付属体は「緑いろ」でした・・・。
マムシグサにも、多くの種類が有るようですが、関係しているのでしょうか。。。