「カリガネソウ」

「アキチョウジ」の傍で咲いていた花 雁金草(カリガネソウ)

e0025300_1741515.jpg

独特な形をした花で其の姿から別名で 帆掛草(ホカケソウ) とも呼ばれますネ

e0025300_1746455.jpg

里山等で咲いていると言われますが まだここでしか見た事のない花です

e0025300_1750311.jpg

昆虫の触角のようにも見える 大きく飛び出した「シベ」が面白い

e0025300_17532996.jpg

今の時期が盛りの「ホトトギス」も傍らで見られました

e0025300_1755230.jpg

by yaso-bana | 2015-10-11 17:56 | ( 公園散策 ) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/23762578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2015-10-11 23:52
カリガネソウは以前はクマツヅラ科でしたが今はシソ科になってしまいましたね・・・・・
よく見ればシソ科の唇形花に見えるので昔の分類法が間違っていたのかも知れませんね
クマツヅラ科とゴマノハグサ科が特に変わったので昔人間だと判らなくなりますね
Commented by yaso-bana at 2015-10-15 19:48
shizenkaze さん こんばんは
私も昔人間・科名は 以前の様には書かない事にさせてもらっています