「フラサバソウ」

散策中に足元で咲いていた花がありました・・・

あちこちで咲いている「オオイヌノフグリ」に似ているのだが感じが少し違う

e0025300_1217933.jpg

花は少し小さめで色もコバルトブルーと言うほどでも無い

かと言って「タチイヌノフグリ」程 花は小さくない 丁度 中間くらいの大きさだ・・・

そして よく見ると 何だか毛のようなものがついている・・・

だとすれば フラサバソウ ということになる

久しぶりの出逢いになる花です 045.gif

e0025300_12191475.jpg
e0025300_12195022.jpg

<ゴマノハグサ科>の多年草 帰化植物のひとつ 特徴は全体に毛が目立つ事

e0025300_1230889.jpg
e0025300_12304371.jpg

by yaso-bana | 2015-04-04 12:33 | ( 自然散策 ) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/22930058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2015-04-05 00:03
以前『ゴマノハグサ科』と呼ばれていたもの達も平成の植物分類仕分けのようなもので別の科になったものが多いですね
私個人としてはゴマノハグサ科が好きだったのですが植物学者様達はあまり気に入らなかったようですね・・・・・
イヌノフグリの仲間は今はゴマノハグサ科からオオバコ科に移動されてしまいました・・・・・
あのオオバコと同じって言うのはどうしても納得いきませんが仕方ないですね・・・・・><

フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ)は長良川の堤防では見かけないです・・・・・
他でもこちらでは少ないようなのでまだ写真に撮っていません・・・・・><
この仲間の花はども可愛いですね~♪
Commented by yaso-bana at 2015-04-06 12:06
shizenkaze さん  こんにちは
新分類についてはそちらのブログで教えていただいていますが
どうしても長年の知識が抜け切れない様です
その草にそぐった科変更なら解りやすいのですがね~

フラサバソウは見当たらないんですか・・・
全国的にどこにでも見られるものと思っていましたが。。。