カリガネソウ・・・

園内の端の方で咲いていた 青紫色で「しゃくれ顔」の様な花・・・

この時期に毎年見られる花で 名前は カリガネソウ・・・
e0025300_15261196.jpg
雁金草」・・・花の形を雁の飛ぶ姿に見立てたことから名付いたそうだが・・・
e0025300_15313497.jpg
むしろ私には 別名の「帆掛草(ホカケソウ)」の方が合っているような気がします
e0025300_15333525.jpg
花は 長い筒の先が5裂 下側の裂片が大きく伸びていて濃紫色の斑点がある
雄シベと雌シベは 花の中心から上側の裂片に沿うように大きく突き出しています
雄シベより雌シベの方が長く 4本の雄シベには長いものが2本・短いものが2本あります
e0025300_1544569.jpg
この変わったシベの形は吸蜜しに来る昆虫の背中に花粉を擦り付け
                別の花の雌シベに運んでもらうことを狙っているのだろうと言われています
by yaso-bana | 2013-09-08 15:54 | < 公園散策 > | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/21039953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なずな at 2013-09-08 17:26 x
カリガネソウはユーモラスな花姿をした花ですね。お目にかかったことがありません。
昆虫の背中に花粉をつけるとは、うまく考えましたね。植物もいろいろと工夫してるんですね。^^)
Commented by shizenkaze at 2013-09-08 23:43
カリガネソウは雁の姿から付けられたのですが帆掛草って名前にしてもいいですね~
私なら『飛蝶草』って付けたくなります・・・・・

クマツヅラ科の植物は新しい分類法で翻弄させられますがこのカリガネソウも最近ではシソ科に入れられようとしていますね・・・・・
Commented by YuccaR at 2013-09-09 23:48
カリガネソウ。名前も姿もインパクトがありますね。
まだ見たことがありません。いつか出会えるといいな。
Commented by yaso-bana at 2013-09-11 12:07
なずなさん  こんにちは~
まだであわれていませんでしたか・・・面白いけれど素敵な花です
虫たちに花粉の付け方を考えるなんて 自然の面白さかもしれませんネ
Commented by yaso-bana at 2013-09-11 12:10
shizenkaze さん  こんにちは・・・
遠目には花らしくないものが飛んでるように見えますから 「飛蝶草」も的を射てるかもしれません
シソ科になってしまうんですか~・・・ややこしくなってゆきますね~ ><;
Commented by yaso-bana at 2013-09-11 12:12
YuccaR さん  こんにちは~
一般の花々に比べると 一風変わっていますよね~
こういった花姿の変わったものは 撮り歩いていて見つけると嬉しくなります
いつの日にか出逢われるといいですね