ウラシマソウが至る所に・・・

のんびりと散策をしているつもりなのだが 目ではやはり咲いた花をどこかで探している・・・042.gif

そんな目に入るのは あちこちで元気に開いている ウラシマソウ の葉です
e0025300_22431056.jpg

今回はこの ウラシマソウ に焦点を合わせてみました・・・045.gif

そこここで見られる 大きな葉の陰で こちらの方を見てるかの様な黒紫色をしたものが花です・・・
e0025300_2248376.jpg
花は「仏炎苞」という葉の一種に包まれた独特な形をしています
e0025300_2257127.jpg
<サトイモ科>の植物は この「仏炎苞」に包まれた独特な形の花をしていますね
肉穂花序の先端の付属体が長く伸び これを浦島太郎の釣り糸に見立てて名が付いたとか・・・
e0025300_22545165.jpg
本種には 雄株・雌株が有りますが外見からは判りません  仏炎苞を切り裂いて調べるしかありません
雄株には花粉の付いた雄しべが多く有り 雌株には将来果実になる緑色の子房がぼこぼことついています
そして若い時は雄株ですが 成熟すると雌株になるという一生の間に性転換すると言う珍しい形態をとります
若い時・成熟時を知るには 葉で見分ける事が出来rます  
若い時の葉は小葉が4~7枚程で八つ手みたいですが 成熟時の葉は鳥足状複葉という形になります
e0025300_2259150.jpg
一面に広がる ウラシマソウ の群生が有ります・・・
e0025300_2333938.jpg
よく見れば 葉の陰で背を向けている花があちこちに見る事が出来ます・・・
e0025300_2352480.jpg
中には立ち位置を間違えたのか 孤立してしまっているものもいます・・・
e0025300_2363450.jpg
車の通る道路脇にまでも見られる程 至る所で見られます
e0025300_2395639.jpg
よく似た突起物の無い マムシグサ にはひと月ほど早くてまだ出逢えませんでした・・・

by yaso-bana | 2013-04-25 23:26 | ( 自然散策 ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/20378525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2013-04-25 23:50
またまた偶然にも『ウラシマソウ』を私も今日載せました・・・・^^
これからマムシグサの咲いている所を探そうと思っています~
細くて華奢なカラスビシャクは長良川の堤防にも毎年見られるので撮ろうと思っています~^^
Commented by なずな at 2013-04-26 14:36 x
随分たくさんのウラシマソウが生えている所なのですね。
こちらでも、ウラシマソウの見られる場所があって、見たことがあります。
独特の姿をしていますね。性転換をするなんて、うまく出来ているのですね。
Commented by yaso-bana at 2013-04-26 23:37
shizenkaze さん
偶然が続きますね~ ^^ お訪ねして 記事を拝見して思わず苦笑い。。。。
マムシグサは もう少し後のようですが又同じになるかもしれませんね
私・カラスビシャクは去年撮り損ねたので今年こそと思っています
Commented by yaso-bana at 2013-04-26 23:40
なずな さん
とにかくこの地はウラシマソウがよほど気に入った環境なのか多いですね~
我が家のウラシマソウも 庭隅で不気味な立ち姿で咲いています ><;