イヌと付く花・・・

花の名前に「イヌ」と付いたものが多く有りますよね

今回の散策で出逢ったイヌは2種類・・・

先ずは 道脇で咲いていた アメリカイヌホオズキ 君。。。

在来種の イヌホオズキ が減る中 この子達はどんどん増えて行っています
e0025300_21595655.jpg
戦後に入って来た帰化植物のひとつ  <ナス科>の一年草
e0025300_2255677.jpg
イヌホオズキとの違いは 茎が細い・葉が狭い・実に光沢が有る等々が有りますネ

花の付き方は散状(一点)に付き イヌホオズキは総状(順番)に付くので区別できます
e0025300_22125157.jpg

次に出逢ったのは イヌトウバナ(犬塔花) さん・・・
e0025300_22153823.jpg
紫がかった白い唇形の花を付けて 群生していました。。。

花穂が「塔」に似ているからと名が付いた<シソ科>の多年草
e0025300_2221218.jpg
塔花」との違いのひとつに 咲く時期がトウバナは「春」・イヌトウバナは「夏~秋」ですネ
e0025300_22244065.jpg

名前に「イヌ」と付けられた植物は「犬が可愛い」ので「可愛い」と言う意味ではなく

有用な植物に似ていても「否(いな)・違う」とか「役に立たない」という意味なんですネ
emoticon-0141-whew.gif



何か所か 林縁で出逢った実が有りました  青葛藤 です
e0025300_2244252.jpg
<ツヅラフジ科>の蔓性落葉木本  夏に黄白色の小さな花を咲かせます
e0025300_22525865.jpg
e0025300_22541915.jpg

by yaso-bana | 2012-11-13 10:30 | < 自然散策 > | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/19194703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なずな at 2012-11-13 19:45 x
イヌホオズキの外にアメリカイヌホオズキというのがあることを知りませんでした。何でもイヌホオズキと思って見ていては、いけませんでしたね。アメリカ・・の方ではないかと、気をつけないと・・・。
イヌ・・のついた花はたくさんありますが、何だか人間が勝手に蔑視しているみたいで、気の毒に思えます。
イヌトウバナも可愛い花ですね。どこかで見たような気もするのですが・・・?
Commented by yaso-bana at 2012-11-13 21:08
なずな さん  こんばんは・・・
アメリカイヌホオズキの方が圧倒的に多いのが現状の様ですヨ
実になった時の光沢の有無が 一番はっきりと判別できますね
花は付き方の違いが判別には良いでしょう
イヌ・・・勝手に付けられて ちょっぴり可哀そうですよね~
イヌトウバナは 里山林縁で見られると思います ^^
Commented by shizenkaze at 2012-11-13 23:48
長良川堤防ののイヌホオズキは今の所全部がイヌホオズキのようです・・・・
でも今年は堤防の草刈りが済んだ後なので見られません・・・・・><

イヌトウバナも花は可愛いですね~
シソ科やゴマノハグサ科の唇形花やマメ科の蝶形花が特に好きな私にとってはお気に入りの花です~

今年も来年の春に咲かせる在来種のタンポポを発芽させる準備をしなきゃ・・・・と思っていますがバタバタしていてなかなか出来ません
Commented by yaso-bana at 2012-11-14 10:24
shizenkaze さん  おはようございます
そちらではイヌホオズキが多いんですか・・・いいですね~
こちらでは見つけるのが大変なくらいです  在来種が減るのは寂しいですネ
私も 唇形花は それぞれに表情が有る様で とても気に入ってます ^^
在来種タンポポも 少なくなってきています 発芽準備はこの位の時期からなんですネ