アキノタムラソウ

昨日に比べると一気に気温も下がり肌寒い日になりました

今日からは<自生の竜胆に出逢えた時> 他にも出逢えた花々をアップしていきます

目にも鮮やかな花が目に入りました 秋の田村草 でした emoticon-0104-surprised.gif
e0025300_9531362.jpg
<シソ科>の多年草  青紫色で唇形の花を数段輪生させます
e0025300_10758.jpg
今迄出逢った花色はもう少し薄い色の様な気がしたがここの花は色が濃いようだ
e0025300_1093826.jpg
e0025300_1094821.jpg
「葉」も今まで見ていたものとは違って全体に丸みが有り先端も尖っていなかった
e0025300_10165939.jpg




沢山の派手な色の実に出逢いました クサギの実 です
e0025300_10194417.jpg
赤い萼が花の様で 青紫色の果実との生り具合が面白い実ですよね
 emoticon-0105-wink.gif
e0025300_10241349.jpg

by yaso-bana | 2012-11-05 10:28 | < 自然散策 > | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/19157392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なずな at 2012-11-05 20:19 x
こんにちは。この花は知っています。8月に一度アップしましたが、その後9月10月にも、山裾の道端で、長く咲いていました。先日も曽根沼で、見ました。けっこう長く咲くのですね。
仰るように、確かにこの写真のアキノタムラソウは、紫が濃くて綺麗ですね。葉も丸くて、少し違う種なのかな。個体差でしょうか。
Commented by yaso-bana at 2012-11-05 21:19
なずな さん  こんばんは・・・
そうでしたね ^^  花期の長い花ですね
葉の丸いのが気になりましたが 個体差の有る花草との事でした
Commented by shizenkaze at 2012-11-05 23:06
アキノタムラソウは日本のサルビアの仲間では代表なんですね・・・・・
学名が『Salvia japonica』なんて言う凄い名前になっていますからね~
シソ科の中でも在来種として海外に出しても恥かしくない植物になりますね・・・・・^^

因みにキバナアキギリの学名は『Salvia nipponica』なのでこちらも日本代表のサルビア属なんですね~~
以前同然見つけて喜んだ覚えがありました・・・・・(笑)
Commented by yaso-bana at 2012-11-06 10:08
shizenkaze さん  
花に関する知識をいつもありがとうございます
shizenkazeさんのコメントの方が記事よりも参考になってる事が多いです
日本を代表するサルビア・・・「サルビア・ジャパン」喜ばしい事ですね ^^