紛らわしいよね~

「藤袴」のアップ後・・・歩いていた 道の脇に サワフジバカマ が咲いていました
e0025300_21423956.jpg
フジバカマとサワヒヨドリの交配雑種の花ですね
e0025300_21431746.jpg
この花は「園芸店」では<藤袴>として販売されてるので庭花としても見かける花ですね
e0025300_21454415.jpg
見分けるのに 一番簡単なのは 茎が赤紫色っぽい事・・・次に葉柄が無い
e0025300_21485286.jpg
花も 藤袴に比べて色が濃い事も一つになっている様です
e0025300_21521093.jpg
自生の藤袴に出逢った事が無いだけに・・・

万一・本物に出逢ったとしても これらの見分け方だけでは正直自信がありません

この花を見るたびに思う事 それは 紛らわしい花が出現したものだと・・・

by yaso-bana | 2012-10-17 14:37 | < 自然散策 > | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/19037501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なずな at 2012-10-17 19:11 x
うちの畑でも、このサワフジバカマが満開です。
葉柄が無いとありますが、ネットで検索して調べたところでは、サワフジバカマには葉柄が有ると
説明されているのが、いくつかありましたが・・?
4枚目の画像でも、短い葉柄がみられるのでは・・?
サワヒヨドリには葉柄がないそうですが。
うちのサワフジバカマは凄い繁殖力で、閉口しています。
Commented by yaso-bana at 2012-10-17 23:18
なずな さん
「葉柄の有無」については 私も疑問を持ちました
調べたネット図鑑の数では「無い」方が 圧倒的に多かったのです
「有る」と言うのも確かに幾つかありました・・・
その他にも葉の形も3裂とか花冠の長さや花色と見分けのポイントは様々でした
そのくらい紛らわしくややこしいという事なのでしょうね
Commented by shizenkaze at 2012-10-17 23:19
紛らわしい植物はこの先ドンドン増えるでしょうね・・・・・
それは人の手であったり自然交配であったりと出現方法が異なっても新しい種類は出ると思います・・・・・

図鑑や資料などで見られる特性なども厳密に見れば違う事も多くなると思います・・・・・
人であってもアメリカ人と日本人のハーフが全部同じとは言えなくてアメリカ人のままや日本人のままもいれば誰が見てもハーフに思える人もいますね・・・・・
植物も両方の特性がどのくらい出るものなのか未知のものもありますね・・・・・><
Commented by yaso-bana at 2012-10-18 10:03
shizenkaze さん
全くその通りですね  植物に限らず様々な生き物がそうなって行くのかも知れませんね
花を愛する者にとって 本種にこだわりたくなるのも無理は有りませんが
花自体を綺麗・美しい・可愛いと楽しむ事の方が大事なのかもしれませんね