ク ズ

おそらく里山ではもう蔓延っているだろう の花が空き地で咲いていた
e0025300_12464647.jpg
<マメ科>の蔓性多年草  茎の基部が木質化するので 蔓性半低木とも言う様だ

秋の七草のひとつでもある  (秋の七草=萩・薄・桔梗・撫子・葛・藤袴・女郎花)
e0025300_1250827.jpg
大きな葉・長く頑丈な蔓・・・蔓延ったら手が付けられなくなる ><
e0025300_1255370.jpg
以前・庭に出てきたので この花を咲かせてはみたものの 除去に苦労をさせられた

10mはある長い蔓は丈夫で千切れず 根も踏ん張ってようやく抜く事が出来たのだ
e0025300_1302470.jpg
ピンク色の花は下から上にと咲いて行く  良く見れば綺麗な花でもある
e0025300_1312260.jpg
尚・この葛の根は「葛根(カッコン)」と言われ 澱粉の含有量が多く 漢方で解熱に利用

又・「葛粉(クズコ)」もとれるので 私も好きな あの「くずもち」にもなるのだ
 ^^
by yaso-bana | 2012-08-28 13:04 | < 自然散策 > | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/18734963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なずな at 2012-08-28 13:47 x
このクズは、どこでも、物凄い勢いで、蔓延ってきますね。前に勤めていた所の前の河原では、岸辺を覆いつくすように、広がっていました。
でも、花は蝶型で、綺麗ですね。クズ粉を採っているクズは、さぞかし、大きな株なのでしょうね!
Commented by shizenkaze at 2012-08-28 23:47
葛の花はツートンカラーに見えて可愛いですが薄暗い所に咲いていると何となく妖艶に思えることもあります・・・・・

葛の新芽はお浸しや天婦羅に出来、展開した葉も天婦羅になります
花も三杯酢で食べられるようですがこれはまだ食べた事が無いです・・・・・
ゼリーの中に入れて(花一輪)アクセントにした事はあります~

帰化植物や特別外来植物などで日本の在来種は怯えていますが唯一日本から世界に進出して『悪魔の植物』と言う国も出ているのがこの葛です・・・・・

葛粉を取るような根は人の身体より大きいようなので専門的にされるようですが今は中国等からの輸入と他の植物(芋や豆)の澱粉を代用している事が多いようですね~><

岐阜県大垣市には『水饅頭』と言う葛を使った冷たい和菓子があります
木桶の中に湧き水で冷やされた葛饅頭が店頭で売られていますのでお皿に移して赤い毛氈の縁台の上で食べます・・・・・
きっとyaso-bana さんなら気に入るでしょうね~^^
Commented by yaso-bana at 2012-08-29 20:44
なずな さん
河原が多い尽くされている光景は凄いですよね
庭に出た物を駆除する時は 「2度とこの花は庭では見ないぞ・・・」でした
Commented by yaso-bana at 2012-08-29 20:51
shizenkaze さん
厄介物の「葛」も 新芽・葉・花・根と食せるんですね~
日本から世界に進出して嫌われ植物になっていた事は知らなかったです
「水饅頭」・・・冷菓の様ですが 想像しただけで唾が出てきました ^^