エノキグサの?

庭で邪魔者扱いされていた エノキグサ にやっと雄花が付きました
e0025300_16542937.jpg
<トウダイグサ科>の一年草  別名「編み笠草

葉の出始めが「シソ」に似ているので つい取り残しが多く 庭のあちこちに有る ><;
e0025300_1714323.jpg
雄花の頭頂が 少し膨らんでいる・・・付いてるものと付いてないものが有る・・・

初期の頃は これが「雌花」だと思っていたのだが その後「雌花」を知ってからの・・・
e0025300_1724610.jpg
何だろう? 未だに分からない  もっとはっきりしたものをアップで撮ってみた
e0025300_1752938.jpg
ご存知の方 教えてください。。。
<(_ _)>

          謎・解明  

shizenkaze さんから 「まれに見られるが これも「雌花」・・・」のコメントを頂きました

もやもやが晴れました  ありがとうございました
<(_ _)>
by yaso-bana | 2012-08-27 17:16 | < 庭の四季 > | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/18729250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2012-08-27 22:05
エノキグサの雄花の花穂も良く伸びていて花も沢山見られましたね~
こちらもこれからはこんな状態のものも見られるようになると思います・・・・・

雄花の上に見られる丸く膨らんでいるものは雌花です
普通は雄花の下に少しずれて咲いているものですが原因は判りませんがこんなものも見られる事があるようです
上から落ちてくる花粉を下で受けて実を結ぶのでこんな状態の花では受粉は出来ませんので風などで偶然飛んで来る他の個体からの花粉で実を結ぶ事になりますが・・・・・
こんな不可思議な事をしてでも他からの新しい遺伝子が欲しいのでしょうね・・・・・^^
Commented by yaso-bana at 2012-08-28 08:39
shizenkaze さん
やはり「雌花」でよかったんですね
ネットで調べると「雌花」は「雄花」の下の受け皿に・・・ばかりの説明
この状態の説明は見つけられなかったのです ありがとうございました
長年の「謎」が解けてスッキリしました ^^