落花生・玉蜀黍

近所をぶらついていて 畑の傍を通りがかったら黄色い花が目に入った
e0025300_11325938.jpg
当県の名産品のひとつ 落花生 の花です

もちろん<マメ科>の一年草  黄色い蝶形の花が可愛らしい ^^
e0025300_11351753.jpg
落花生は他の豆類とは少し異なり 地中に実が生りますね

花が地上で咲くのに何故「実」は地上に生らないのか? 以前は疑問でした

花写真を撮り始めてから知ったのは 花後の<子房>が地中へと伸びて潜る事・・・

そして地中で結実 収穫は地から引き抜くが あれは「根」ではないという事でした


傍の畑に 玉蜀黍(トウモロコシ) が植えられていた・・・

花と呼ばれるものが有るなんて 知りもしなかった頃 教えてもらった事

先の方に有るのが「雄花」 中ほどに有るのが「雌花」・・・

実が生るのには「雄花と雌花」がある事は絶対条件なのに トウモロコシ を見ていながら

どれが花なのだろうなんて 思いもしなかったのだから 今思えば変な話だ ><;

空に向かって放射状に伸びている これが「雄花」・・・
e0025300_1202898.jpg
まぁ これは 言われてみれば「花」に見えなくもない・・・

が・しかし このヒゲ状のものが「雌花」だったとは・・・
e0025300_1221383.jpg
ここに「実」が生るのだから当然なのだが・・・これが「花」?と思ってしまう

このヒゲ状のものは「花柱」と言って この一本一本が一粒一粒につながるらしい・・・

つまりは ヒゲの数だけトウモロコシの粒が有るという事になるんだろうな?


今日は 花の中でも 少し異なる花で知り得た事を取り上げてみましたが

これらを知るにつけ 自然って本当に奥が深く・面白いものだとつくづく思いました
^^)/
by yaso-bana | 2012-07-21 12:44 | < 自然散策 > | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/18409358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2012-07-21 23:26
落花生はそちらの名産でしたね~
土壌の質が栽培するのに適していたのでしょうか?^^
地質的には新しい成田層なのでそんな所と気候が合っていたのでしょうね??

トウモロコシも見ようによれば不思議ですね・・・・・
あのヒゲが雌花のメシベと聞いた事がありました
メシベの元には子房があるので受粉して大きくなったものがあの『実』なんですね・・・・・
葉等を見るとイネ科以外には思えませんね~
最近は実よりトウモロコシのヒゲの方に興味があります・・・・・
あのヒゲをお茶にして飲むと良いようですね~^^
Commented by yaso-bana at 2012-07-22 09:36
そうなんです・落花生は名産なんです 畑も多くありますが・・・
夏場の風が強い日は砂塵でまわりはたいへんです
新興住宅が増えると苦情が多く落花生畑は減少しつつあるのも事実なんです

トウモロコシのヒゲをお茶にして飲む? 
知りませんでしたが どんな味で何にいいのでしょう?・・・
それにしても本当にいろいろご存じでとても勉強になります
もっともっといろいろ教えてください よろしくお願いいたします
Commented by なずな at 2012-07-22 15:27 x
こんにちは。落花生もトウモロコシも、以前、畑で作っていましたので、豆が土の中に出来ることや、トウモロコシの受粉のことも、知っていました。でも、これらの事を初めて知った時は本当に不思議に思いました。
自然のしくみって本当にうまく出来ているのですね!(^^)
Commented by yaso-bana at 2012-07-22 18:25
なずな さん
畑で作られていましたか・・・
他の花々とは異なる結実・・・本当に上手く出来ていますね~ ^^