ヤブカンゾウとノカンゾウ

里山脇の休耕田が広がる場所でオレンジ色の花が咲いていました
e0025300_12104389.jpg
藪萱草  <ユリ科>の多年草 帰化植物のひとつ 八重の花が綺麗です
e0025300_1212593.jpg
結実はしないが 葉や茎は食用となり 根は漢方で利尿剤に使われる
e0025300_12125331.jpg

この花にそっくりで一重の花が 野萱草 ですね
e0025300_12141654.jpg
林縁などの少し湿った場所で咲いています

朝に開花して夕方には萎む<一日花>でもある様です
e0025300_12152452.jpg
両花共に「ニッコウキスゲ」「ユウスゲ」の仲間なので 似ていますね
e0025300_12153136.jpg

by yaso-bana | 2012-07-19 12:20 | < 自然散策 > | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/18398078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なずな at 2012-07-19 20:36 x
ヤブカンゾウもノカンゾウも暑い日中に咲いていて、逞しい感じがします。
こちらでも、あちこちで見かけます。
一日花だったのですか。ユリなんかとは違うのですね。橙色には強さが感じられます。
Commented by shizenkaze at 2012-07-19 22:53
どちらも春先の新芽は山菜として利用されますが全体に少し甘味があるので『甘草』と書かれた事もありましたが薬用にされたり甘味料にも使われるマメ科の『甘草(カンゾウ)』と区別が付けられなくなるので『萱草』を使う事になったらしいですね・・・・・

ノカンゾウはきちんとした花に見えるので優等生のように思えますがヤブカンゾウは花弁やシベも同じ花が見られないくらい自由気ままに咲いているので少し『ヤンチャな花』に思えますね~
私としては少しヤンチャな方が贔屓したくなります~~♪^^
Commented by yaso-bana at 2012-07-20 14:26
なずな さん
この花は暑い日が似合う花かも知れませんね ^^
Commented by yaso-bana at 2012-07-20 14:31
shizenkaze さん
「萱草」と「甘草」は そういう事だったんですね 成程・・・

「ヤンチャな花」の表現・面白いですね~ ^^
私も贔屓にするとしたら「ヤブカンゾウ」になるでしょうね