咲き始めたばかりの花

「緑化公園」の園内を散策するも、期待したほどの花は見られない

丹念にチェックをして 咲き始めたばかりの花々を撮影・・・

サンシュユ  ミズキ科の落葉小高木  黄色い花を咲かせます
e0025300_1117344.jpg
江戸時代の中ごろに 薬用植物として入ってきたもの 

秋に生る赤い実が漢方に利用されていた
e0025300_1119155.jpg
蕾ばかりに見える中に 開花しているものがありました

トサミズキ  マンサク科の落葉低木  

淡黄色の花が垂れ下がるようにして咲きます
e0025300_11232566.jpg
開花してるかのようにも見えたが まだ咲き始め・・・
e0025300_11242049.jpg
この花・開花すると オシベの「葯」が赤いのが特徴ですネ

ヒョウタングミ  スイカズラ科の落葉低木  

ウグイスカグラの仲間で花はそっくり・・・
e0025300_11314932.jpg
この花は 2つづつ花を咲かせるのが特徴・・・「実」の確認が必要です
e0025300_11335134.jpg
5月頃には「瓢箪」のような実をつけるところから 名が付いたようです。

               (写真は以前撮った「実」)
e0025300_11432131.jpg

by yaso-bana | 2011-03-09 11:55 | < 自然散策 > | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/14397474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]