お正月・今と昔・・・

こちらでは、とても静かで穏やかな「3ガ日」でした

久し振りに「ムクドリ」が、やってきました・・・新年の挨拶?
e0025300_18192360.jpg
この時期に限らず訪れる鳥ですが、新年初お目見えについカメラを向けました
e0025300_18194322.jpg


お正月風景も 子供の頃とは様変わり・・・

毎年・のしもちを切ったり・門に松の小枝をくくり付けたりの手伝いをしたな~

路地から 羽根を突く音や 河原でいくつもの凧が大空に舞っていた光景

家族が集まれば、すごろく・かるた・福笑い等で 賑やかに騒いだ事

つい、この前のような気がするが もうこういったお正月は「昔」になってしまった様だ


今では、テレビゲームに夢中 町なかは人通りもまばら 子供達の声すら聞こえない

時代の移り変わりで 仕方ないのだろうが 一寸寂しい気もする

それでも 今も昔も変わらないのは 「お年玉」を貰った時の嬉しそうな顔 かな?

by yaso-bana | 2011-01-03 18:46 | < 庭の四季 > | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/13922539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nonbirimay at 2011-01-03 19:46
一時はお年玉をやる子供が居なくなった我が家ですが 兄弟の子供が結婚し 子供が生まれお年玉を貰うのが楽しみに集まるようになりましたよ。
年金生活になり沢山はあげられませんが 嬉しそうな顔を見ると親族が増えていくのも嬉しいです。
Commented by あやなん at 2011-01-04 10:12 x
穏やかに新年を迎えられて何よりです。
此方も大雪の予報でしたがほとんど降る事も無く
穏やかなお正月を迎えました。嬉しい誤算です。

今年も好きな写真を撮りながら楽しい一年をおくりたいですね。
よろしくお願い致します^^
Commented by fu-and-boro at 2011-01-04 16:19
おめでとうございます
ご無沙汰ばかりですが今年もよろしくお願いいたします。

我が家の庭にも毎年・・・(毎日かな?)来てくれるムクドリで見慣れているはずですが
お正月のムクドリは凛々しい・・・(ホンとかな?・・・・笑)
歴史のあるところでも年々変わっているのですから 
札幌で厳粛なお正月を迎える行事を期待しても無理ですね。
私も子供のころのお正月をよく思い出します。
岩手出身の父でした、
慣わし・・・しきたりを重んずる人でしたので神妙に御正月を迎えましたよ。
Commented by yaso-bana at 2011-01-04 22:18
may さん・全く同様です  
孫が出来るまで「お年玉」が無かったのに、年々増えていってます
良い顔がしたいというわけでもないのですが、やはり気に入られようと甘めの「お年玉」
「ありがとう」の言葉と嬉しそうな顔が可愛くなってしまいます
でも、年金生活のこちらとしては、案外大きな出費になりますよね~。
Commented by yaso-bana at 2011-01-04 22:23
あやなんさん・おめでとうございます。
雪国の方々にすると、やはり<大雪は勘弁してよ>なのでしょうね
写真を撮りながら一年を楽しく過ごす・・・こんないいことは無いですから
今年こそ、もっともっと頑張ろうと思っています
今年も どういぞよろしくお願いいたします。
Commented by yaso-bana at 2011-01-04 22:37
fu-&-boro さん・私の父も慣わしには几帳面でした
なので自然に覚えさせられた事ですが、今になると感謝しています
孫がお供えを見て「これ・な~に?」にはびっくり!
聞くと一切正月飾りはしていないとの事で二度びっくり!
時代なのでしょうか、お友達の家でも何もしない家が有るとか・・・
子供が、まさか慣わしの何たるかを熟知していなかったとは・・・
今更ながら、がっかりすると同時に 自分の責任だったと痛感しました
孫の時代にはどうなってしまうのか、心配で 教えないといけないかな?
そう考え、今年はいろいろ日本の慣わしを教えようと思ってしまいました
正月早々・我が家の珍事の披露・・・笑ってください。。。