ミチタネツケバナ

道を歩くと、今・白くて小さい花が、道脇に沢山咲いています。。。
e0025300_1126471.jpg
ツンツンと伸びた角のような茎の中に白い花・・・

ミチタネツケバナ (路種漬花)   <アブラナ科>の常緑多年草
e0025300_1134239.jpg
苗代に種籾を水に浸す頃に花が咲くことから付いた【たねつけばな】は、湿地にあります

この【路種漬花】は、乾燥したところに生えています。
e0025300_11374412.jpg
ヨーロッパからの帰化植物。  オシベは4本・・・(たねつけばなは6本)

皆さんが毎日歩く道端に、今日も小さな白い花を付けている事でしょう。。。
e0025300_11435729.jpg

by yaso-bana | 2010-03-10 11:46 | < 自然散策 > | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/12284459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nonbirimay at 2010-03-10 19:53
苗代に種籾を水に浸すころに花が咲くことから付いたのですか!
小さな花なのに長い種を付けるので、タネツケバナと言うのかと思っていました。(笑)
↓の小鳥 アカハラで正解ですね、調べてみたら顔もお腹の色も同じでしたよ。
Commented by yaso-bana at 2010-03-11 00:02
may さん・こんばんは。。。
覚え方としてはその方が解りやすいかも知れませんね ^^)/
「アカハラ」・・・調べていただいたんですか。ありがとうございました。
私も鳥図鑑などで見たのですが、微妙に違う気がしたり、
似たような鳥がいたりして、見れば見るほど同定出来かねてしまいました。