「なんじゃもんじゃ」と「水木」・・・

  大きな木に花が咲いています。。。  名前は 【なんじゃもんじゃ】 ・・・。
e0025300_17415663.jpg
  本来の名前は 【ヒトツバタゴ】 という名前ですネ。
e0025300_17475164.jpg
  <モクセイ科>の落葉高木 「タゴ」は「トネリコ」の事です。

  高い木に沢山の、小さな白い花を咲かせています。。。

  なぜ、この木を「ナンジャモンジャ」と呼ぶのかというと・・・006.gif

  昔・この木を見たお偉い方が「何の木じゃ」と言ったのを受けた人が、口ごもりながら

  「なんじゃ・・・もんじゃ・・・」と言うのを聞いて・・・「そうか、なんじゃもんじゃと言う木か…」から

  そのうち「なんじゃ・もんじゃ」になったとか…。013.gif

  その後に「ヒトツバタゴ」という名前が付けられたそうです。

  その地・その地では珍しい木を「なんじゃもんじゃ」といった所も多く・・・

  「ヒトツバタゴ」以外にも「クスノキ」「アブラチャン」「リョウメンヒノキ」等を言う処も有る様です。
e0025300_17495756.jpg
  花は、切れ込みが深く4裂しています。 プロペラに似た感じです。
e0025300_17503790.jpg


  そして、眼下に見える高い木に これも白い花。。。
e0025300_1752720.jpg
  「クマノミズキ」にそっくりの花です。  でも、これは 【ミズキ】(水木) です。
e0025300_1873494.jpg
  整然と咲いている感じがします。。。

  この木の「葉」は、互生・・・「クマノミズキ」は対生ですね。
e0025300_17554541.jpg
  名前は、春先に枝を切ると多くの樹液を出すところから名付いたそうです。006.gif

  里山の木花には、比較的「白い花」が多いようですね。 緑の中の白・・・目立ちます。
045.gif
by yaso-bana | 2009-05-07 18:11 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yasobana.exblog.jp/tb/10194159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by henryworld at 2009-05-08 12:28
なんじゃもんじゃの木は街路樹に多く見受けられますね。トネリコは野
球のバットの原料に多く使われているようです(金属バットは別ですが)
Commented by yaso-bana at 2009-05-08 16:33
<henry>さん、こんにちわ~。
街路樹にされているんですか・・・。
トネリコが野球のバットの原料・・・これも、今の子・知らないでしょうね?